オシャレで育てやすい!?ハーブのある暮らしの提案

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.12.05.Mon

ハーブは非常に育てやすく、食用、アロマ、ハーブティー、お酒用と、使用用途も多彩。
自分の育てているハーブで料理やお酒を作るなんて、女子度高めですよね。部屋に置いてあるだけでも、友達や彼をオッ!と言わせるアイテムになります。
今回はハーブの育て方のポイントと、効能&用途別オススメハーブをご紹介します。

育て方のポイント

種から育てる方法もありますが、ハーブは種からだと芽がなかなか出てこない場合があります。初心者なら苗から育てはじめましょう。
ほとんどのハーブが日光好き。部屋の中でも日光が良くあたる所に置いておくとよく育ちます。部屋にあまり日が当たらないという人は、日陰でも育ちやすいミントがオススメ。

ハーブは基本的に乾燥に強いものが多いので、水やりは楽。少々乾燥気味の方がよく育つので、常にあげなくてOKです。土の表面が乾いたら水をあげましょう。肥料も頻繁にあげる必要はありません。

食用ハーブの種類

バジル

消化促進

パスタやピザなど、一番利用頻度の高いハーブ。育てておけばいつでもイタリア料理に利用できます。他にも、殺菌効果があるので、風邪の予防や解熱に効果があります。

マジョラム

生理痛

血流の流れを促し、鎮静作用や消化促進効果があります。生理痛や生理中になりやすい便秘に効果あり。茎はミントのような香りがするので、肉料理の香味として使えます。花や葉はハーブティーとして飲みましょう。

アロマ用ハーブの種類

ラベンダー

安眠

ラベンダーの香りには神経を沈静化させる効果があります。ストレスや頭痛、不眠に効果があります。乾燥させてお風呂に入れたり、ポプリにして枕の中や寝室に置くと安眠が期待できます。

ローズ

リラックス

華やかでエレガントな香りは、神経を沈め、全身をリラックスさせて眠りを誘う効果があります。その効果は抗うつ剤とみなすことができるといわれるほど。落ち込みの激しい時や、やる気の出ない時に用いましょう。

ハーブティー&お酒用ハーブの種類

ハーブティーにする場合は、刻んでお湯を入れれば、そのままフレッシュなハーブティーが楽しめます。

ステビア

ダイエット

砂糖の約300倍という甘さを持ちながら、カロリーの低いハーブ。ダイエット中に甘いものが食べたい時にちょうど良いですね。生のままデザートに添えて食べたり、茎や葉をハーブティーとして楽しむことができます。

ミント

リフレッシュ

ミントは一番身近なハーブ。体を冷却させる効果があり、気分がリフレッシュします。ラムをソーダ水で割り、シロップを加えライムとミントの葉を入れれば、カクテルのモヒートの出来上がりです。

ライター:Miyano
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!