注目すべきはこの6種類!健康の強い味方になる食材

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.01.19.Wed


肥満と糖尿病が蔓延している欧米社会。健康に対する関心の高さはある意味、日本以上かもしれません。
ロードアイランド大学のデーミアン・クリストフ栄養学博士が推薦する6食品は、スーパーで簡単に手に入り、かつ健康効果の高いことから、欧米社会でも注目されています。身近なものから、目新しいものまで、あなたも日々の食生活に取り入れてみてはいかがですか?


卵が非常に栄養効果の高い食材であることは周知の事実。
ストレス軽減に効果のあるビタミンB、コリンが豊富に含まれており、またコレステロールを下げるのに極めて有効です。


    一つ注意したいのは、ゆで卵にしてしまうと、卵黄のなかのビタミンBが壊れてしまうこと。半熟卵にして食べるのがおすすめです。

純正メープルシロップ


ビヨンセのメープルシロップダイエットでも注目を浴びた話題の食材。
メープルシロップには、免疫機能を助けるマンガン、亜鉛が豊富に含まれています。


    ホットケーキに添えるだけでも、酸化防止成分を効果的に摂取することが可能。ガンや糖尿病を防ぐ効果もあります。

トマト


トマトに含まれるレコピンは、紫外線から肌を守る役割を果たしています。


    細かく刻んでピザに加えたり、加熱することで抗酸化作用が高まります。週に2、3回はトマトを食べるようにするとよいでしょう。

ブロッコリー


抗ガン作用、抗酸化作用が豊富なことに加え、肝臓の働きを助けて体内の解毒作用を促す効果もあります。


    あまり加熱せずに、さっと茹でて食べることがおすすめです。

サーディーン(鰯)


オメガ3脂肪酸が多く含まれ、慢性病予防に効果的です。またカルシウムも豊富。


    サーディンはよくオイル漬けで売られていますが、栄養価を考えると、新鮮なものを選んだほうが賢明です。

ビートルート


日本ではあまり馴染みの無いビートルートですが、ロシア料理のボルシチなどによく利用されている、鮮やかな赤色が印象的な野菜です。
ビートルートは、抗酸化作用のあるベータカロチンが豊富で、免疫効果を高めたり、心臓病を予防する作用があります。


    欧米では、ジュースにして飲むと、血圧を下げる効果があるといわれています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!