Facebook「いいね!」を活用して自分の目標を達成するというライフハック

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.01.24.Tue

Facebookをしている人なら、一度は「いいね!」をしたり、してもらったりしたことがあると思います。自分の投稿に反応があるのは嬉しいものです。
この「いいね!」の機能、友達の反応を知るということ以上に有意義な使い方があることに最近気づき、実践するようにしています。それは、目標達成の動機付け。自分がかなえたい夢や達成したい目標をウォールで宣言して「いいね!」をつけてもらうことで後に引けなくなり、できることからやらないといけないというプレッシャーを自分にかけてしまうということです。
極めてシンプルな方法ですが、個人的には効果抜群だと感じています。

行動を起こさないと現実は変わらない

何事においてもそうですが、頭の中でイメージしていることをそのままにしていても、現実になることは極めて少ないと思います。やはり何かしら行動してみることで状況が変化し、望む方向に進めるようになるものです。
とはいえ、毎日の生活スタイルを突然変えるにはそれなりのパワーと意志を必要とします。ダイエットや貯金にトライしても続かなかったということ、みなさんも少なからず経験しているのではないでしょうか。今はちょっとしんどいから、別の機会にしよう、とついつい先延ばしにしがちですよね。

でも、例えば資格試験のように、明確な期限と目標が定まっている場合はどうでしょう。はじめのうちは勉強をサボる日が続いたとしても、いよいよ試験日が近づいて来たというころには必死に机に向かうようになるはずです。このように、ゴールがはっきり決まっている物事は、少し無理をしてでも取り組むのです。
ということは、自分の夢や目標に期日とある一定のゴールを設定してしまって、行動せざるをえない状況を作ってしまえばいいのです。

「いいね!」が行動チェック機能を果たしてくれる

ダイエットをしたい人なら、「半年後までに5kgやせる!そのために毎日、仕事が終わったらウォーキングします」というように、具体的な数値や取り組む内容をウォールに書いてしまいましょう。きっと応援してくれる友達が「いいね!」してくれたり、励ますコメントを残してくれると思います。
これがじわじわと良いプレッシャーになるのです。人は、他者から期待されたり見られたりしていると、できるだけ正しい行動をとろうとするものです。たかがFacebook、されどFacebook。リアルな友人知人とのつながりの中で、宣言したこと、ましてや「いいね!」やコメントをもらったことには何とか応えなければと重い腰を上げるきっかけを作ってくれると思います。

実際に私は、おそらく閲覧している人はそこまで意識していないと思いますが、自分がくじけそうになったり諦めそうになったときにこの手を使って書き込みをしています。場合によっては、あえてほぼ達成しているかのような表現をして退路を断つことも。これが過度になると単なる嘘つきですが、達成できたと断定的な思考に置き換えて外に表現してしまうと、一気に現実化が速くなります。

この方法で私はたくさんの状況を乗り越えてきました。ピンときた方、すぐに試せる方法ですので活用してみてください。Facebookでどんどん目標を達成しちゃいましょう!

ライター:鉢須祐子
ファイナンシャルプランナーの顔も持つ、アラサーのフリーライター。専門分野は家計管理・ライフプラン。iPhone・iPad中毒で、ガジェットやクラウド好き。本の出版を夢見ながら、自由気ままに活動中。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!