今どき『やまとなでしこ力』をもっと伸ばして魅力的な女になろう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.03.31.Sat

昨年は「なでしこジャパン」が流行語にもなるなど、サッカーだけに限らず、日本女性の素晴らしさが再確認された年でもありました。このことは、オーストラリア在住の筆者でもよく実感します。日本人の女の子と付き合ってみたい!と豪語するシングル男性はけっこう多いのです。

スリムで年若く見えること、白人女性にくらべると自己主張が激しすぎないこと、日本独特の文化を身につけている、など外国人からみると未知なるポテンシャルを秘めているようにおもわれている日本人女子。そんな観点から、あらためて日本女子ならではの魅力、今どきの大和ナデシコ力について考察してみました!

ルックス:ナチュラルビューティーが魅力、華奢でいつまでもルックスが若い!

体型が華奢な日本人女性は、年齢にかかわらず若くみえることで有名。きめ細かい肌、手入れの行き届いた髪、洗練されたメイク、いずれも世界の水準を上回るものばかり。こうした得意スキルを総動員すれば、だれでも“いつまでも年齢不詳のかわいい女”でいられる可能性があります。
コツは、決して厚塗りメイクはしないこと。あくまで、ナチュラルなルックスこそが、年を感じさせずいつまでも女として魅力的な印象を与えます。

ヘルシー:日本は世界有数の食文化大国、その恩恵を存分に駆使!

健康食として、あるいは芸術的かつ繊細なグルメ食として、世界中から羨望のまなざしをあつめる日本食。その食文化で育ってきたわたしたちは本当に恵まれていると思います。べつに料理が得意でなくても、日本人なら、和・洋・中いずれもなじみのある食ジャンル。これは、パスタとピザと肉料理中心の文化圏の人からすると、おどろくべきバラエティの豊富さ。なじみがあって食べなれていれば、なんとかレシピに沿って作ってみるのもそれほど難しいことではありません。
さらにすすんで、季節ごとの旬の食材を知っていて、料理に活用できる人はもっと上級者といえるでしょう。食事は健康を守るうえでも大切な生活の一部。この点をしっかりふまえて、食生活のマネージメントができるというのは、世界のなかでも女子として素晴らしいスキルなのです。

メンタル:和のお稽古ごと、芸能で内面力もアップ!

日本で育っていると、和のお稽古ごとに触れる機会もしぜんと多かったはず。お習字(書道)はその代表例。さらに、大人になってお茶(茶道)やお花(華道)などにトライしてみた人もいるのでは?じつはこうした和のお稽古ごとは、季節感や美的感覚といった感性を磨くのに最高のアクティビティ。身近にこうした経験をできるチャンスがあるのも、日本人女子ならでは。
さらに、たまには歌舞伎、落語、狂言といった公演に足を運んで非日常を体験するのも普段の生活から心を開放させるいい機会です。ハリウッド映画や海外ドラマだけでないエンターティメントを楽しむ心の余裕があることも、あなたの内面を磨いてくれるはず。

こうしてみると、日本女子というだけでけっこう恵まれた要素があると思いませんか?こうした視点を意識しながら、自分のなかのナデシコ力をもう一度見つめて、磨いてゆけばあなたの魅力はもっともっと深くなるはず。
他の国の男性からも憧れの目を向けられる存在になれるのではないでしょうか。

ライター:Waxy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。