安眠の秘訣は枕にあった!?正しい枕を選んで快適な安眠ライフ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2012.03.30.Fri

夜ちゃんとぐっすり眠れていますか?
睡眠は、体を十分に休め、元気に明日を迎えるための大切な時間。また、健やかな肌でいるためにもクォリティの高い睡眠をとりたいものです。きちんと安眠できているかどうかは、単に睡眠時間だけでははかれません。じつは、枕そのものがあなたの睡眠に大きな影響を与えているのです。
最近よく眠れていないという人は、枕をもう一度見直してみませんか?

あまりにも身近な枕という存在、その意義をもう一度チェック!

▽ 万人にフィットする枕は存在しません。体型、頭の形、寝るときのポーズなどによって様々です。なによりも枕の役目は、首から背骨をまっすぐにサポートすることです。

▽ 枕にも使用期限があると考えましょう。形がくずれ、頭と首をサポートする力を失ったときが変えどきです。ほとんどの枕は6ヶ月から2年が使用期間の限度。ただし、ラテックス製や形状記憶型の枕はこれより長持ちします。

▽ 変えどきを見極めるには、まず枕を半分に折ってみましょう。半分におってもすぐ元の形に戻るあいだはまだ大丈夫、もし半分に折った状態のまま元に戻らないようなら枕を変えるときです。

▽ 一般的に、背が低くて小柄な人は平たい形の枕が向いており、背が高くしっかりした体型の人には、高くてよりサポート機能のある枕が合っています。ただし、個人の好みもあるので一概にはいえません。

あなたに合う枕タイプはどれ?

コットンやウールのタイプ

もっとも一般的なタイプで、コットンやウールのような天然繊維の素材は多くの人に好まれています。アレルギー体質の人にも比較的安心で、眠りの浅い人にも向いているタイプ。

フェザーやダウンタイプ

ガチョウやアヒルなどの羽を使用した羽毛タイプのものは、高級枕として長い間愛されてきました。暖かく、ソフトで心地よいのですが、欠点としては、高額であること、アレルギー反応を起こしてしまう人が多いこと。このタイプは、肩幅が狭い人やうつ伏せで寝ることが多い人に合っています。

フォームタイプ

MO<アレルギー反応を起こすこともなく、形状記憶タイプのものも出されているフォームタイプ、さらに他のタイプのものより長持ちするという長所もあります。ただし、首を痛めたことのある人にはあまり向いていません。

ラテックスタイプ

がっしりした体型、睡眠中もよく動く人におすすめのタイプです。首や頭のサポート機能という面では、フォームタイプとフェザータイプの中間にあるといえます。ただし、お値段はちょっと高め、またラテックスにアレルギー反応を起こす人もいるのでちょっと注意が必要です。

毎日の健康のためには質の高い睡眠が欠かせません。お値段はちょっと高めでも、自分の体型や睡眠スタイルに合った枕を選ぶのは、長い目でみれば十分元の取れる投資なのではないでしょうか。

ライター:Waxy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。