上がり性、緊張しがち、本番に弱い女子必見!頭に入れておきたい言葉

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.05.29.Tue

初対面の人と話す時、苦手・威圧的な人と話す時、大事なプレゼン時、面接や試験の本番。手に汗握り、言葉に詰まってしまったり、本来の力を出せないという女子。
手の平に人・人・人と書いて飲むのもいいのですが、もっと効果的な方法は、考えを変えること。こんな言葉で頭の中をいっぱいにすれば、リラックスして本番に望めますよ。

自分で自分を追い詰めてない?

上がり性、緊張しがち、本番に弱い女子は、自分で自分を追い詰めています。
「手に汗握り、言葉に詰まってしまったり、本来の力を出せない」という反応の結果には、自分の考えという原因があります。この自分の考えや想像、時に妄想を払拭すれば、反応の結果も変わります。
まずはあなたの考えを膨らませる原因を探りましょう。大体は以下の3つにあてはまります。タイプ別に、次のような言葉を頭に入れて、考え方をシフトしてみてくださいね。

「どうせ私はダメ」「失敗が怖い」という自分に自信がないタイプ

「挑戦があるから、失敗がある。失敗を重ねたから、成功がある。」

挑戦する勇気があったから、失敗できるのです。まずは挑戦できる自分を褒めましょう。そして何事も、失敗を重ねたから成功するのです。

「「身のある成功」は、「身のある失敗」から」

失敗せずに成功するのはビギナーズラックのようなもの。失敗して創意工夫を重ねることで、血となり肉となり、「心から嬉しい成功」を手に入れられるのです。

「失敗じゃない。発見だ。」

結果から見れば失敗ですが、自分から見たら短所の発見です。失敗を克服すれば、目標に一歩近付くのです。一定評価を下さず、目線を変えるのも重要です。

「バカにされている」「心の中で笑われている」という周りの評価が気になるタイプ

「妄想になってない?事実以外は考えても仕方ない。」

ハッキリ言って上のような考えは「妄想」です。もちろん可能性の一つではありますが、それが事実とは限りませんよね。妄想で自分を追い詰めるなんて、もったいなくないですか?
それでも妄想してしまう人は、実際に相手に聞いてみましょう。

「変えられるのは、自分の行動だけ」

このタイプは「一人でも多くの人からよく思われたい」人が多い。しかし人の評価は、十人十色。人によって違いますし、人の感想は変えられません。一人ひとりのことを考えていたらキリがありませんよね。自分は自分。変えられないことを考えるより、変えられる自分の行動を考えましょう。

「この仕事がうまくいかなかったら、この会社での私は終わりだ」「この人を逃せば、負け犬人生だ」という、あとがないと思い込むタイプ

「人生は続く。終わらせているのは自分」

世間のイメージや言葉に踊らされ、「もう終わりだ」と決め付ける人は多い。例えば、「結婚しなければ負け犬」など。しかしマスコミに影響されて自分の人生を終わらせているのは、紛れもない自分自身なんです。
終わりだと思った次の瞬間も、人生は続いていますよね?これを読む多くの方は20、30代の健康な手と足を持ち、家もあるしご飯も食べられるんですよね?「本当に」終わりですか?

「考えない。時間は今しかない。」

過去と未来は、どこに存在しているでしょうか。実は、「存在できるのは今だけ」。過去や未来はイメージ上のものでしかないんです。時間は今しかないし、自分は常に今でしか存在しない。だから余計なことは考えず、今に集中するしかないんですね。

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!