不眠や花粉症!悩み別おすすめ野菜!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.04.13.Wed

健康維持に欠かせない野菜の栄養。基本的には魚や肉などのタンパク質と合わせて、バランスよく摂取するのが良いといわれています。
一日に必要な野菜の量は350g。そのうち、緑黄色野菜を120g摂ることを目標に、さまざまな種類の野菜をバランスよく摂ることが大切です。しかし、現状は、日本人のほとんどが、この必要量を毎日摂れていないといわれています。野菜不足は便秘や肌荒れを始め、あらゆる不調を引き起こします。
健康・美容のためには野菜を積極的に摂りたいもの。今回は日常的に感じやすい不調をピックアップし、悩み解消に欠かせない栄養素と、その栄養を含むおすすめの野菜を紹介します。
上手に野菜を取り入れて、不調知らずの健康なカラダ作りをしましょう。

疲れ目に効く野菜

ゴーヤ、ほうれん草、モロヘイヤ、小松菜、カボチャ、ナス、赤キャベツ、大豆

この成分が力を発揮

ビタミンA
「目のビタミン」といわれるほど、目の健康に欠かせない栄養素。目の粘膜を保護したり、網膜を健康に保つ働きがあります。不足すると角膜が乾燥して視力が低下したり、夜盲症になる可能性もあるので意識して摂りましょう。

ビタミンB1、ビタミンB2
ビタミンB1は視神経のエネルギー代謝をサポートし、目から脳への神経伝達機能を正常に保つ働きをします。また、ビタミンB2は目の細胞の再生を促したり、粘膜を保護する働きがあり、目の充血を防いで疲労を回復させるといわれています。

アントシアニン
目の網膜に存在する色素“ロドプシン”の再合成を促したり、網膜に栄養を運ぶ毛細血管を丈夫にする働きがあります。

不眠に効く野菜

ほうれん草、小松菜、モロヘイヤ、セロリなどがおすすめ。

この成分が力を発揮

ビタミンB群
ビタミンB群は神経細胞に多く含まれていることから神経系に作用します。中枢神経や末梢神経系の修復・保護を行い、不眠予防が期待できます。

カルシウム
神経を静め、睡眠を誘導する働きがあります。マグネシウムと一緒に摂取することで吸収率がアップ!マグネシウムを多く含むカキやホタテなどの貝類と一緒に摂取すると良いでしょう。

花粉症に効く野菜

ニンジン、赤ピーマン、ほうれん草、小松菜、シソなどがおすすめ。

この成分が力を発揮

ビタミンA
粘膜を強化して、異物の浸入を防ぎます。脂溶性のビタミンなので、油(脂肪)と一緒に調理すると吸収が良くなります。粘膜を強化することで、免疫力アップにも◎。

ビタミンC
免疫機能を高めるほか、症状を和らげる働きがあります。

あわせて読みたい

$(function(){ $('div.single_content p:first img').appendTo('.headImg'); });

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!