大人女子の「恋させる服選び」のポイントとは!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.10.12.Wed

胸のあたりの露出を広く、脚を出すなどの小娘的なテクニックはもう痛い!
大人女子の色気はそんな小手先かつギャル的な発想から出てくるものではありません。もうイイ大人なのです。それを意識して、大人女子ならではの「恋させる服選び」のポイントを見て行きましょう。

1、谷間ではなく鎖骨勝負で

小娘時代は胸の谷間を露出するのが定番だった、という方。もうそれは古いです。というよりも、イイ年の大人が谷間見せするのは限界があります。
では上半身で何を見せるかという問題ですが、大人女子が見せるべきは鎖骨。身体を動かしたときにくっきり浮き出る鎖骨をアピールしましょう。骨っぽさ=大人なイメージを作ることができます。「肉ではなく骨魅せ」を要所要所へ入れること。

2、太ももではなく足首チラ見せ

寒い期間は除き、パンツを履く日は基本的に足首の見える丈のものをチョイス。スタイルも良く見えますし、何より後ろから見られたときに、足首の付け根の骨っぽい部分が見えることがポイントです。ここの骨の動きにそそるという男子は多い。ミニスカで太ももをアピールする時期はとうに過ぎ去りました。大人女子が魅せるべきは足首以下。これは新たな鉄則です。

3、形状がドレープなデザインを


参照:マルイウェブチャネル

トップスやワンピを選ぶときは、ゆらりとしたドレープなデザインが施されているアイテムを選びたい。身体にぴったりし過ぎず、柔らかで若干複雑なラインのできるものがおすすめ。身体の線をある程度予想させつつも、完全には見えないものを選ぶのが上手い大人女子。脱ぐ前にすべてを明らかにさせないことが重要です。服は飾り。

4、手首見せは基本

ノースリーブで二の腕を露出するのは若手女子のすること。これまでは冬でも「合コンではノースリーブのニットでした!」と意気込んでいた女子、それはもうあり得ません!
これからは「手首魅せ」に方向転換を。シャツの袖を折って華奢な手首をチラ見せ…それだけでポイントは高いのです。ついでに言いますと、華奢でなくても華奢に見えるそうです。腕時計かバングルをしておくと、仕事ができそうというだけでなくファッション的にもできる大人女子というイメージを抱いてもらえます。


見せる(魅せる)部分は年々変化しています。ポイントを意識した、大人ならではのセンスを活かした服選びを心がけて♪

ライター:sonoko0511

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!