イクメンはこうして作られる?父親になることで変わる男性のメカニズム

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2011.09.09.Fri

妊娠、出産によって女性は心も体も大きく変わりますが、はたして父親側はどうなのでしょうか?女性ほどドラマティックな変化ではないにしても、子どもの誕生によって、男性にとっても思わぬ変化がもたらされるようです。

自分の子どもが生まれることで男性もこんなふうに変化する!

1)ホルモンの変化

自分が父親になると知った1ヵ月後あたりから、なんと体内のホルモンバランスが変化するといいます。ストレスホルモンであるコルチゾールが急増するのです。これは脳が、“問題が発生した!これに備えろ!!”というメッセージを送っているからです。ちなみに、コルチゾールがまた急増するのは、出産そのものの瞬間、女性が産みの苦しみを味わっているとき、男性たちはストレスがピークに達しているのです。

ちなみに、このまさに赤ちゃんが生まれようとする瞬間、男らしさの源であるテストステロンのレベルは、急降下しおよそ3分の1にまで下がるといいます。男性たちも彼らなりに、“出産”を体験しているのかもしれません。

2)父親だけど“母親化”する!?

男性ホルモンのテストステロンが減少する一方で、思いもよらぬホルモンが増加してきます。それは、プロラクチンとよばれるホルモンで、女性が母乳を体内でつくるのを助ける役割を持っており、なんとこれが20パーセント以上も増加するというのです。

トロント大学の研究によれば、このホルモンは、男性が妊娠中のパートナーの症状(体重増加、つわり、あるいは出産時の痛みまでも)を我がことのように感じとってしまう“擬娩シンドローム”と関係があるのではないか、ということを示唆しているといいます。女性の想像妊娠とはよく聞きますが、男性にもそんな症状があるなんて驚きですね。

3)“父親スイッチ”がONになるのは、赤ちゃんの顔をみた瞬間!

オックスフォード大学の研究によると、赤ちゃんの顔を見ることによって、男性の脳にある父親本能に関係するエリアが活性化され、“父親スイッチ”がオンになるといいます。その間、わずか0.14秒。父親が、赤ちゃんを抱き、肌と肌を触れ合わせたときには、すでに犯しがたい強い絆で結ばれる、といいます。なんとも、スィートな話です!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!