一人カラオケ専門店まで登場!ダイエットにもオススメ!?「ヒトカラ」の楽しみ方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.03.23.Fri

最近は専門店までできるほど勢いをみせる一人カラオケ、略して「ヒトカラ」。実際一人で行くとなると勇気がいるし、「本当に楽しめるの?」という疑問も浮かびますよね。
実はヒトカラ人口は、女子が多いんです!タレントのベッキーや小倉優子さんも、一人カラオケをするとブログに書いていましたね。ヒトカラの楽しみ方&はじめ方をご紹介します。

「ヒトカラ」の魅力

大勢でカラオケに行くと、歌う曲を周りの雰囲気に合わせますよね。盛り上がりに欠けるバラードは歌いにくいなど、「カラオケ暗黙ルール」があるのも事実。では「ヒトカラ」だからこそできることって、一体何でしょうか?
・何といってもストレス発散!行きたい時にすぐ行ける。
・盛り上がらない曲や、バラード、人前で歌えない曲でも、気兼ねなく歌える。
・サビしかわからない曲も歌える。
・難しい曲や高音に挑戦できる。
・適当な振り付けで、思いきり踊れる。
・音が外れまくっても、どんなに音痴でも全く問題なし。
・マイクで歌う自信が着く。

「ヒトカラ」の楽しみ方

魅力いっぱいの「ヒトカラ」。こんな楽しみ方はいかがでしょうか?

1、とことんストレス発散

ヒトカラの最大の魅力は「ストレス発散」!誰をも気にせず、何でも許されるのが「ヒトカラ」。仕事や恋に疲れたとき、なんだか寂しいとき。ヒトカラで思うままに歌い尽くしましょう。
明るい曲で踊りまくるのも良し、バラードや演歌で泣くのも良し、アニソンで小さな頃を思い出すのも良し、本人になりきってひたるのも良しです。歌いたい曲を事前にメモして置くのもいいですね。

2、採点機能で得意な曲を見つける

自分で歌っているとイマイチどの曲がうまく歌えているのか分かりません。そんな時は採点機能を活用!持ち歌を採点し、自分の十八番を見つけましょう。

3、歌唱力アップを狙う

彼氏や友達の前で、怖気ずに歌う自信をつけたい人。マイク慣れしていなくて、カラオケが苦手な人。難しい曲や高音の曲が好きだけど、自信がなくて人前で歌えない人。歌唱力に悩みを抱える女子は多いことでしょう。
ヒトカラならマイクを使って本格的に練習可能。さらに同じ曲を何回歌っていいのも魅力です。うまく歌えなかったなぁと思ったら、歌い方や音程を変えて再度挑戦してみましょう。

4、ダイエットとして活用

どんなダイエットも続かない人は、「ヒトカラダイエット」をしてみては?
カラオケ1曲のカロリー消費量は、平均15カロリー。これはなんと5分間の軽いウォーキングに相当するカロリー消費量なんです!1時間に10曲歌うとして、3時間で450カロリー消費。ジョギング1時間に相当します。ちなみにカロリー消費量上位に位置する曲は、MISIAの『Everithing』。
カロリー消費量を上げるためには、「立ちながら」「大きな声で」「アップテンポな曲」「バラードなら長い曲」「腹式呼吸」「感情をこめて」歌うと効果的。ストレスがたまるどころか、ストレス発散できるダイエットなので、続けやすいですよ。

「ヒトカラ」のはじめ方

「ヒトカラ」は魅力的だけど、はじめの一歩に勇気がいるんですよね。「ヒトカラ」初心者はどうしたらはじめやすくなるんでしょうか。
まずお店の選び方ですが、ヒトカラ人口はけっこう多く、すでに定着しているもの。一人でも大手チェーン店なら、ほぼ受け入れてもらえます。時間帯は、比較的人の少ない土日の午前や昼の時間帯を狙いましょう。またドリンクバーがあるところだと、店員さんが入ってこないので、安心して楽しめます。
どうしても恥ずかしいという人には、去年末にオープンした一人カラオケ専門店『ワンカラ神田駅前店』もあります。
ヒトカラルームは約1畳分で、ヘッドフォンを使用して歌います。高感度マイクやミキサーも揃い、歌声を録音して持ち運べるサービスまであります。
店内にはカフェスペースやマッサージクッションも用意されています。一人で歌い続けるとやはり疲れるので、リラックスサービスが充実しているんですね。また「女性専用エリア」もあり、男子に見られたくない女子に人気だとか。
入会金200円、料金は午前10時~18時は600円、18時~翌朝6時まで1100円。ヘッドホンレンタ300円(持ち込み可)です。

慣れれば病みつき!?

「ヒトカラ」は、慣れてしまえば病みつきになり、毎週通う人もいるほど。ちょっとの勇気で新しいストレス発散法やダイエット、趣味になるかもしれません。気になる女子は是非試してみて下さいね☆

ライター:宮野茉莉子
証券の営業を経て、現在フリーライター&子育て中。読書、写真、旅、お酒、哲学が好き。「哲学=アート。自由▽ オリジナリティー▽ 実験的に物事を考える。」
がモットー。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!