他人と比べて常に焦ってしまう自分を卒業して自信を付けるコツ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2017.10.06.Fri

今は一人一人が自己主張して生きる時代と言っても違和感がないくらい、会社や組織に囚われずに個人で活躍している方が増えています。例えば、小学生のユーチューバーが現れたり二十歳未満のインスタグラマーが増えていますが、少し前までは考えられないことだったと思います。
しかし、そんな中で自分のやりたいことが見つからなかったり、周りが会社員から独立を目指す人が増えていくと、「自分は本当にこのままでいいのか」と焦ってしまいますよね。焦りは自信をなくすため、良い結果を生みません。自信があるのとないのとでは、同じことをするにしても成功する確率に差が出てくるほど重要なことです。今回は他人と比べて常に焦っている方へ、自信を付けるコツをお伝えしていきます。

焦りは禁物! 焦らず自信を付けるコツ

周りに踊らされない

今はネットでつながる時代です。何かあればネットで最新ニュースが見れたり、周りとつながるツールであるSNSは通常見栄の張り合いと思えるくらい楽しいことや自慢したいことをアップする人が多いため、そういったツールばかり見ていると自分の生活が地味に見えたり自信喪失する人も少なくありません。
私は日常で疲れたら新聞や本を読むようにし、一定期間テレビやネットを絶つ「情報断食」を取り入れています。そうするだけで焦りや不安が解消されますよ。

あまり先のことを考えたり心配しない

何事も構えず「そのときになったら考えよう」くらいの気持ちでいることも大切です。先のことを考えるのは良いことですが、そこで焦ったり心配してしまうようでは、「今」が手薄になっている証拠です。そんなときは目の前のことに集中します。今の時代、のんびりすることを恐れないのも大切です。

思うようにいかないときは「今はそういう時期」と思う

例えば仕事や育児に追われて自分がしたい趣味や勉強ができないとき、ストレスもたまります。しかし「今はそういう時期」と思うことで、とても楽になります。
ダイエット成功者が必ず通る道が「停滞期」です。頑張っても思うように体重が減らず、人によっては停滞期にリバウンドしてしまったりしますよね。そんなときは無理に頑張らずに「今はそういう時期」と思って過ごした人から停滞期を抜けることができます。物事もそれと同じではないでしょうか。焦っては良い結果は生まれません。

立場やライフスタイルが違う人と関わる

10人いれば10通りの価値観があることがわかります。自分とは価値観が異なる人と話をするだけで新しい発見があり、自分の「こだわり」が解消されたり自分の中で決めつけていた常識から解放されることもあります。
特に私は外国人や海外留学経験者とお話をさせていただくと一般常識に囚われない広い考えをお持ちの方が多く、それが新鮮だったりとても勉強になったり小さなことで悩んでいる時間がもったいないと思うことができ、海外のアクティブな考えによく救われます。あなたの周りの違う職業の方は10歳以上離れた人生の先輩などたくさんの人と関わってみましょう。

まとめ

一人きりで生活する分には焦りなどは生まれません。人と共存するからこそ、周りと比べることで焦りが生まれます。しかし焦るだけ損であり、焦るだけ無駄! そんな自分を卒業して心に余裕を持って過ごすことでとても楽しい毎日が送れますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/