忙しい朝にもおすすめ! 簡単&オシャレな「夏コーデ術」4選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2017.07.16.Sun

気分がオープンになりやすい夏は、洋服のチョイスも華やかになりますよね。そして、この季節だからこそ着てみたい色の組み合わせもあると思います。しかし、服の色は肌の色によって見え方が変わります。そのため一歩間違えると、暑苦しい印象を与えてしまいかねません。
今回は、鏡で自分の姿をチェックして「なんか違うかも……」と感じたときに参考にしたい、夏ならではの簡単コーデ術をお伝えします! ポイントは、なるべくシンプルにすること!

1. 間違いなしの定番シンプルコーデ

シンプルで涼し気な夏の定番コーデが、「紺+白」の組み合わせです。朝からコーデを考える時間がない! というときは、思い切ってこのシンプルなコーデにしてしまいましょう。紺色のパンツに白のシャツ、もしくは白のパンツに紺のシャツといったように、上下のアレンジができます。カジュアルに着こなせるのはもちろんのこと、会社などきちんとした印象を求められるシーン用にアレンジもできます。見た目にも涼しく、清潔感も漂います。

2. 夏らしいワンポイントコーデ

シンプルなコーデだけでは飽き足らない、ちょっとひねりが欲しいという人には、プリントTシャツがオススメです。プリントといっても、絵が入っているとちょっぴりうるささを感じてしまうかもしれません。そのため、柄や絵ではなく文字だけがプリントされたTシャツを選びましょう。シンプルでオシャレ、かつ肌の色を選ばないので、コーデがしやすいのが魅力。「ジーンズ+文字プリントTシャツ」は見た目にも涼しく、デートに着ていくと男子の受けがいいのもポイントです。

3. 派手にならない花柄ワンピ

やっぱりカラーのある服が着たい! そんな人は、一着でも花柄のワンピを持っておくと便利かもしれません。
涼しげに見えるワンピといえば、白ベース。そこにカラフルすぎない花柄が散りばめられているものであれば、爽やかな印象を与えることができます。白ベースならば黄色い花柄、赤い花柄、ピンクの花柄などどんな色でもかわいらしく、女性らしく着こなせます。白ベースだと透けが気になる、という人には、紺ベースがおすすめ。上品で落ち着いた印象になりますよ。

4. 派手色小物でアクセントに

洋服がシンプルなら、小物はちょっとくらい派手なほうがかえってオシャレ。夏っぽい色をあえて選んで楽しんでみましょう。オレンジやピンクなどの派手な色は、バッグや靴で取り入れてアクセントとして際立たせてみて。シンプルな服とのコントラストが、格好いいですよ。

いかがでしたか? 今回ご紹介したコーデ術を参考にしてもらえれば、「オシャレな人」「センスのいい人」という印象を周囲に与えることができるかもしれません。ぜひこの夏のオシャレを楽しんでくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。