年齢を言い訳にしない! イマドキ美人が「あまり頑張らなくても」キレイな理由

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.07.12.Wed

今やアラフォー、アラフィフでも若い時以上にキレイな人が多い世の中。でも、その美貌を保つためには、計り知れない努力とケアが必要なのでしょうか? もちろん女優やモデルさんなどはルックスを保つのもお仕事のうちでしょうが、一般人でもびっくりするくらいキレイな人が増えていますよね。
共働き、育児中など多忙で、美容にそんなに時間も手間もかけられないけど、それでも自分のルックスやスタイルを熟知し、本当に必要なことだけ取り入れてケアをしている……それがイマドキ美人の流儀のようです。
今回はそんな彼女たちの“あまり頑張らなくてもキレイな理由”をまとめてみました!

あまり頑張らなくてもキレイな理由って?

1: どの部屋にも鏡があり自分の姿をよくチェックしている

特に何もしなくてもスタイルや表情が良くなる一番の近道、それはとにかくこまめに鏡で自分の姿をチェックすることです。正面からだけでなく、横顔や後ろ姿……なかなか自分では見づらい部分まで映し出されるので、自然と気をつけるようになります。理想的にはバスルームに全身鏡があって、裸の姿ともきちんと向き合うこと。自分のルックスを客観的に知らずして、キレイになることはありません!

2: ティータイム・めいそう・ヨガなどでストレスをためないようにしている

大人の女性にとって、キレイの大敵とはずばりストレス! イライラしていると表情や言動が険しくなるし、丁寧に自分のケアをしようという意欲も湧いてきません。健やかな美しさを求めたいなら、コスメや高級ケアグッズに頼る前に、まず何よりも精神的なストレスをためこまないようにするのがベスト。
おいしいお菓子と一緒に楽しむティータイム、忙しい日常生活から抜け出すためのめいそう、自分の心と体にじっくりと向き合うためのヨガ……そんな自分なりのストレス解消方法を見つけておきましょう。

3: 栄養たっぷりの食事をいつでも食べられるようにしておく

努力やこれといった頑張りをしなくてもキレイをキープするためには、栄養バランスのとれた食生活を続けることが大前提です。でも○○品目以上食べるという目標や、緻密なカロリー計算なんて面倒くさくてダメ! と思ったりしていませんか? そんな時は“毎日きちんと野菜をとろう”とざっくりとらえて、野菜がたくさんとれるようなメニューをあらかじめ準備しておけばいいのです。
野菜や旬のフルーツをカットしてミキサーにかけるだけでスムージーはできるし、一度にたくさんの野菜がとれるスープは作り置きしておけば、忙しい日でも安心。毎日必死に頑張らなくてもいいように、栄養バランスのとれた食事内容を前もって考え用意しておくことも、イマドキ美人の必須条件と言えるでしょう。

4: 髪の“ツヤ”だけは出るように気をつけている

“この人キレイだな“という印象を醸し出しやすいのが、顔の造形やメイクよりも髪だといいます。ロングでもショートでも、髪に自然なツヤがあるだけで美人度アップ。ですから健やかな髪の土台となる頭皮のケアはもちろんのこと、ツヤが生まれるためのオイルやヘアパックだけは入念に行っておきましょう。
こんなふうにキレイに見えるポイントを押さえておくだけで、“美人”の印象を底上げすることができるんです!

5: 女としての価値が高まる気分になるアイテムを持っておく

手入れの行き届いた指先、フローラルなどの華やかな香り、セクシー気分を盛り立ててくれるランジェリーなど、自分の中の“女”をスイッチオンにしてくれるアイテムが、世の中にはたくさんあります。そんなアイテムのパワーを借りて、自身も女度を底上げ! 自分の“キレイ”を上手に自己演出するのも、大事なスキルです。

6: 自分の容姿を肯定的にとらえている

ルックスについて謙遜しすぎるのは、あまり良くなさそうです。目が小さい、ぽっちゃり体型だ、身長が低いなど、誰にだってコンプレックスはありますが、そんな部分ばかり目を向け考えていると、“私なんてどうせ……”というネガティブイメージばかり頭にすり込まれ、卑屈になってしまいます。
残念ながら、それは美人とは対極のマインドです。モデルや女優さんのような飛びぬけた容姿ではなくても、“私なりにキレイ・かわいい”と自信を持ってこそ、自分の良さや長所を引き出し、磨いていける原動力になるのです。誰よりもまず自分がそれを本気で信じ、自分をもっと大事にしよう、ケアしようという気持ちが、何よりのパワーとなることでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。