ネガティブ発言とは無縁! キラキラしている人に学ぶこと4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2017.07.04.Tue

疲れを隠せずイライラしていると、人も寄ってこなくなってしまい、しまいには友達も彼氏もいない状態に! ですがそんな状態とは無縁なのが、いつもキラキラしている人。いつも笑顔で行動力のある人は、みんなを元気にしてくれる存在です。そしてキラキラしている人に学ぶことは、たくさんあります! さて、それはどんなことなのでしょうか?

1: ネガティブ発言をしない

ネガティブなことって、つい口に出てしまいがちです。しかし言葉は言霊というように、ネガティブな未来を言葉にすればそのままその通りになってしまいます。そしてキラキラしている人は、意識してネガティブな言葉を言わないようにしているものです。
もちろん、たまには弱音を吐くこともあるかもしれませんが、自分の未来に対しては、ポジティブな言葉を投げかけているのです。また自分にだけではなく、他人に対してもネガティブな言葉は発しないようにしているようです。他人に対してネガティブな言葉を投げかけてしまうと相手の心に残ってしまい、その人の未来に影響を与えてしまいます。

2: 本心を上手に伝えている

本心を伝えることって、実は難しいことです。「言いにくいことがあると、ついつい思ってもいないことを口に出してしまう」なんて経験、ありませんか? キラキラしている人は必ずと言っていいほど、思ってもいないことは言わないようにしています。言いにくいことでも、言葉を選んで相手を傷つけないよう伝えているのです。
何を言ったらいいのかわからず、相手に伝えることから逃げてしまうと、言葉選びができなくなります。日頃から、「言いにくいことをどう表現したらいいのか」ということについて、考えておくといいかもしれませんね。

3: 「ダメ」と思わない

「ダメ」と思うと、それだけで心に反発心が生まれてしまいます。もし本当に「ダメ」なことがあるのなら、その理由を探ってみましょう。言い訳になっていないか、自分の都合のいい解釈をしていないかと考えてみると、意外にも「ダメ」と思っていたことは「ダメ」ではなかったということも。
とりあえず実行してみて、それでもダメだった時は軌道修正をしてやり直したり、方向を変えて違うことに挑戦してみたり……。そんなふうに、ポジティブに未来を切りひらいていく努力をしてみましょう。また他人に対しても、ネガティブな印象がつきまとう「ダメ」という言葉はあまり使わないようにしましょう。

4: 体を動かしている

心を安定させることと体を適度に動かすことは、比例しているものです。キラキラと輝いている人は、心がもともと安定しているだけでなく、それをキープするためにも運動をすることの大切さを知っています。ヨガやピラティス、またはスポーツジムで定期的に体を動かして、爽快感をしっかりと味わっている人が多いのが特徴です。
ストレスは、キラキラと輝くことにとって最大の敵です。それを吹き飛ばすには、栄養バランスのとれた食事や睡眠だけでなく、適度な運動が必要なのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。