久々の再会で「老けた!」と驚かれてしまう8つの原因

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2017.06.21.Wed

友人と久々の再会! ウキウキしながら待ち合わせ場所に行くと、そこには驚くほど老けた友人の姿が……! そんな友人になってしまわないためにも、知っておきたい老けポイント。今回は周囲に「老けた!」と驚かれてしまう原因についてまとめてみました。

キメキメヘアスタイルに白髪一本

白髪は一本あるだけでも、見た目年齢を大きく左右します。平均35歳から出始めるといわれる白髪ですが、抜くのは禁物。一度出ると諦めてしまいがちな白髪ですが、生活習慣を整えることで改善することも。白髪染めに抵抗がある場合は、ヘアサロンに相談するのが◎。

ほうれい線がくっきり

目尻のシワはごあいきょうですみますが、恐ろしく老けた印象を与えてしまうのが口元のほうれい線。メイクでは隠すことができないほうれい線ですが、顔マッサージなどで改善されることも。また、乾燥やストレス、喫煙などの生活習慣が影響されていることも考えられるので、規則正しい生活を心がけて。

服装が10年前と同じ

10年前と変わらないファッションをしていると、若づくりをしているつもりでも老けた印象になってしまうので要注意。アラフォー間近だというのに、ギャル時代をほうふつとさせるショートパンツや明るめの茶髪ファッションをしていては、残念なおばさんまっしぐらです。

歯茎が下がっている

歯茎が下がっていると、笑った瞬間に老けてみられてしまうことがあります。通常歯茎は10年で1ミリ下がるといわれています。歯周病は歯茎下がりを促進する大きな原因。日本人の大人の8割は歯周病予備軍といわれていますが、毎日の歯ブラシは歯周病を予防する大切な習慣です。

手の甲がしわしわ

年齢をあらわすといわれている手の甲。ハンドケアを怠っていると、知らないうちにおばあさんのようなしわしわな手になってしまいます。また、熱いお湯で食器洗いをするなど手を酷使しているのも、手の老化の原因といわれていいます。

首の皮がたるんでいる

顔はある程度メイクでごまかせますが、年齢がはっきりと出てしまうのが首年齢。首が老けた印象をつくってしまう原因のひとつが首の皮膚。首の皮膚は薄くたるみやすいため、筋肉や皮膚の衰えを強調してしまいます。首年齢が若くないと感じたら、タートルネックなど首を隠すトップスを選ぶのも手。また日頃から顔の延長として、首の保湿ケアも忘れずに行うことが大切です。

濃いファンデーション

肌の衰えを隠しているつもりのファンデーションの厚塗り、実際は年齢より老けて見せてしまうことがあるので要注意。ファンデーションはできるだけ薄く、が若く見せるポイント。また、パウダー系のファンデーションは浮いてしまうこともあるので、リキッドタイプがオススメです。

背中のぜい肉がすごい

正面から見ると若く見えるのに、後ろ姿がおばさんの人は意外と多いもの。その原因のひとつが背中のぜい肉。特にブラからはみ出ているぜい肉は、おばさんの証。日頃のエクササイズで後ろ姿も若返りをはかって!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr