いいことたくさん! 「SNSデトックス」から得られる6つの幸せ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2017.06.17.Sat

FacebookにInstagram、LINEなどのソーシャルネットワーク(以下SNS)は、今やほとんどの現代人にとって、生活の一部と化しています。一方で懸念されるのが、心理的にネガティブな影響を与えるSNSへの依存です。
というわけで、今回はSNSデトックスから得られる幸せについてまとめてみました。

1. SNSがもたらすネガティブ思考から脱却

日本国内のSNSユーザーは約7,000万と言われるほど、SNSの普及率は右肩上がり。家に帰るとまずSNS、電車に乗るとSNS、寝る前のSNSなど、SNSは日常生活のルーティンにしっかりと組み込まれていることが多く、知らず知らずに依存してしまうことも。
一方で、SNSの閲覧後に気分が落ち込んでしまったり、自分が不幸に感じるというアンケート調査結果もあり、SNSが毎日の生活にネガティブな要素を与えている可能性も。
SNS依存かな、と感じたら、まずSNSルーティンから脱却して自分の心の変化を感じてみることが大切です。ユウウツな気分から脱却できたのであれば、SNSがあなたの心に悪影響を及ぼしていた証かもしれません。

2. 目の前にいる人との時間を楽しめる

現代人に深刻な影響を与えていると言われる、SNS依存。目の前に家族や友人がいてもSNSに浸ってしまうのは考えものです。SNS上ではなく現実的にコミュニケーションをとることは、人生を輝かせるための大切な要素。SNSデトックスは、目の前に広がる絆を大切にするきっかけを与えてくれるかもしれません。

3. 時間を有意義に過ごせる

SNS上で他人の日常生活を垣間見たり他人の意見に触れることは、暇つぶしになりますが、SNSを使って知的好奇心を満たすのは容易ではありません。毎日の30分や1時間、せっかくなら自分磨きに使った方が有意義と言えそうです。

4. プライバシーを守る

個人情報を守るのが難しくなってきた現代社会ですが、SNSはまさに個人情報の宝庫とも言われ、きちんとプライバシー設定をしていないと見ず知らずの他人にまでSNSのアカウントをのぞき見されてしまうことがあります。個人情報をしっかり守るためには、SNSデトックスがもっとも効果的かも!?

5. 良質な睡眠が得られる

就寝前のSNSは、良質な睡眠を阻害する原因のひとつ。寝る前にSNSを閲覧すると、脳が興奮して睡眠を妨げるという専門家もいます。質の悪い睡眠は、疲労やストレスを引き起こす原因。SNSデトックスをすることで、良質な睡眠を得られるかもしれません。

6. マイペースな幸せを見つけられる

他人との時間を共有できるSNSですが、見ていても楽しいことばかりではありません。リア充な投稿ばかり目にすることで、嫉妬や劣等感にかられてしまうこともしばしば。他人と比較ばかりしていては、目の前の幸せを見過ごしてしまうかもしれません。マイペースな幸せをつかむためにも、SNSデトックスにトライしてみてはいかがですか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr