もうヘコまない!! 打たれ強いメンタリティの人が毎日していること6つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2017.05.19.Fri

仕事でもプライベートでもやっぱり欲しいのは揺るぎない自信、そう思いませんか。でも私たちはなかなか自信を持つことができません。高すぎる目標を設定してむやみに焦ったり、いつも誰かと比べてコンプレックスや劣等感に苛まれたり……。でももうこんな自分を変えてみましょう!
同じレベルの能力なのに、自信を持つ人もいればオドオドする人もいます。結局自信のある人というのは、失敗したりミスしてもめげたりヘコんだりしない、打たれ強いメンタリティの持ち主と言えるのではないでしょうか。今回はそんな観点から、メンタルの強い人が毎日やっていることをリサーチしてみました。

嫌なことや気の進まないことを簡単に引き受けない

自信のある人は、自分がやるべきこと・したいことがはっきりしていて、それにフォーカスすることで満足できる結果や実績を出せていると言ってもいいでしょう。自分の強みと弱みをよく理解していてこそ、その選択には迷いがありません。反対に、人から嫌われることを恐れていて、嫌なことや気の進まないことをなんでも引き受けてばかりしていると、自信はいつまでたってもついてきません。

貴重な自分の時間をSNSばかりにつぎ込まない

SNSでリア充ぶりをさかんにアピールしたり、キラキラ女子を演出していたり……。でもそんな人ほど、自分に自信が無いから「他人に認めてもらいたい」という自己承認欲が高まってしまうのです。自分に自信があれば、他人から羨ましがられたり認められたりすることを過剰に求めたりしません。だってその必要がないのですから。

ささやかな“成功”を大事にする

身の丈に合っていない理想や非現実的な目標を掲げている人ほど、現実と目指すべきもののギャップに悩み、無力感に苛まれ自信から遠ざかっていきます。どんなにささやかなことでも、自分が頑張って達成したものを一つ一つ大事にして「よくやったね」と自分に言えるような人は、それをわざわざ他人に言いふらすことはありません。それでも、心の中では自信を深めていっているのでしょう。

自分の体やルックスについてきちんとケアをしている

当たり前すぎて見過ごされているのかもしれませんが、自信とは精神面のことだけではありません。なによりもまず、自分の体調や健康についてきちんと日々管理し、セルフケアしていることが前提条件です。疲労困憊状態やストレス続きの生活では自信どころじゃないというのが本音でしょう。十分な睡眠・栄養バランスのとれた食事、そして適度な運動、そして女性としてルックスや身だしなみについてもちゃんと気をつかえること。そんなシンプルなことが自信の源になっているのです。

嫌われることを恐れない

“どんな人からも好かれたい、嫌われたくない”というのはもう止めましょう。八方美人で他人の価値観に振り回されていては本当の自信はつきません。“認めてくれない人がいてもいい、でもこれが私自身です”という信念がコアにあれば、他人に過剰に気をつかったり、自分の意思を曲げてしまうこともないでしょう。人として最低限のマナーと相手に対するリスペクトは必要ですが、嫌われることを恐れない勇気も必要です。

過去や未来にとらわれず、“今”を大事に生きる

私たちの多くは、過去の失敗やミスをいつまでも覚えていてクヨクヨしたり、これから先の未来について不安がったりします。でも過去も未来も自分ではどうすることもできません。自信のある人はそのことをドライに割り切って、“今”できることだけに目を向けます。そこから高いパフォーマンスを発揮し、自信につながっていくのでしょう。

▽ 参考記事(海外サイト):9 things truly confident women do every day (that you’d never expect)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。