10年後に後悔しないために……! すぐに始めたい新習慣8つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2017.03.29.Wed

後悔先に立たず、という言葉があるように、いくら悔やんでも過去を取り戻すことはできません。今回は10年後に後悔しない生活を送るために今すぐ始めたい新習慣をまとめてみました。

好きなことを諦めない

趣味や特技、自分の好きなことを諦めるのは人生の希望を失うようなもの。健康上の理由、時間的余裕や経済的な理由で諦めを得ざるを得ないこともあるかもしれません。そんなときは「諦めた」と放棄してしまうのではなく「自分に休憩時間を与えた」と考えるのがベスト。一度諦めてしまうと、環境が整ったときに再開するキッカケをつかみにくいものです。

空を見上げる

時間に追われてばかりの忙しい毎日を送っていると、空を見上げることを忘れてしまいます。ときには、青空に浮かぶ白い雲を楽しんでみることも大切。空を見上げ深呼吸すると、多忙で見落としていたなにかが見えてくることも。

自分に言い訳は今すぐ封印

「本当は○○がやりたかったけど、××があるからできない……」――常に自分に言い訳をして、自己を正当化していては、最後に残るのは後悔だけ。言い訳ばかりの自分を許してばかりいれば、何事も成し遂げることはできません。10年後に後悔しないためにも、自分への言い訳は封印するのが◎。

友人の誘いを断り続けない

多忙やストレス、疲労のせいで友人の誘いを断り続けていませんか? ルーチン化した毎日をやり過ごすのは簡単ですが、たまには友人と外出して新しい発見を探してみることも大切です。

周囲の意見に翻弄されない

周囲の意見に翻弄されてばかりいると自分が見えなくなってしまうことがあります。他人の価値観に捉われてばかりいては、本当に自分がしたいこと、自分が大切なことを見極めることができません。将来後悔しないためにも自分の意見や気持ちをまっすぐに見つめることが大切です。

運動習慣を始める

運動を始めよう、始めよう、と思いつつなかなか重い腰が上がらない……そんな経験ありませんか? 年齢とともに運動後の体への負担は増加していきます。運動は若いうちに始めるのがベスト。10年後体についた脂肪を嘆き悲しんでも後悔先に立たず。毎日のエクササイズやジョギングが10年後のスリムな体をつくりあげてくれます。

人間ドックを怠らない

健康でいることは人生を楽しむ上でもっとも大切なこと。病気を見落とさないためにも年に一回の人間ドックは必須。定期的な検診は病気の早期発見につながります。

自分に正直になる

なりたい自分や周囲にみせたい自分を演じていませんか? 自分が居心地のいいと思う環境づくりは人生を豊かにしてくれるはず。今を大切に生きるためにはありのままの自分を受け止めて、自分自身に素直になることが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr