【退職願を書く前に!!】キャリアチェンジを考え始めたら必ずやるべき5つのこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Sonomi

Written by:

2016.11.07.Mon

「自分に今の仕事はあっている?」「会社の不満を解消するにはどうすべき?」「憧れの仕事に就くためになにから始めるべき?」「会社の将来が心配……」――そんなふうに、転職や退職を考えるときってありますよね。
今回は、退職を決断するまえに取り組むべき、在職中でもスグに始められる5つのマスト事項についてお話します。

【マスト事項1】そもそもなぜ辞めるor辞めたいと思うのか?

辞めることで想定されるポジティブな要素をまず洗い出してください。ここでもし、ネガティブ要素しか思い浮かばないのであれば、それはその会社内だけでなくどこの企業であっても起こりうる“会社員ならではの悩み”とも言えます。悩みから逃げたくて退職を選ぶと、同じことでまた悩む可能性が。そんなときには辞めずに解決策を探すことも大切ですし、転職のさいも、ポジティブな退職理由を述べられるかどうかは重要です。

【マスト事項2】自己評価で自分の強みを再認識

履歴書と職務経歴書を作成しましょう。自身のこれまでの職歴や経歴を振り返ることで、努力してきた自分、放置していた特技などを思い返せます。じっくりと自分自身を振り返る時間がないと、「自分の素質や能力」を忘れてしまいがち。退職を考えるときはたいていネガティブなことがあったときなので、余計に感情が邪魔をします。まず原点に戻り会社員としての自分をポジティブに評価してみてください。

【マスト事項3】会社の価値を客観的に知る

勤務先の先輩女性との交流はとても大事です。現在の職場が「女性が日々ポジティブに仕事ができる環境かどうか」が彼女たちの言動から見えて、よい判断材料になるはずです。また異業種の同世代、管理職世代との交流は、会社四季報にはない情報も得られます。自分の関わる業界の動向を知ることでリストラ対策などにも有効です。

【マスト事項4】お給料の内訳を詳しく知る

実際に退職を表明し、その後の転職先が決定した場合であっても、現在の自分自身の収入と控除されている項目について、今一度確認を。
保険や厚生年金、所得税など――本来は個人で支払い、手続きすべきものも、企業に所属していると、企業が被雇用者個人に代わってそれらを行ってくれます(企業によってその範囲は異なります)。しかし退職して“失業”の状態になると、すべて自身で行う必要がでてきます。失業保険も含め、退職後になにをどうすべきなのかをあらかじめ調べておくと、いざ失業者となった場合にも焦らず準備することができます。これを機会に詳しく勉強してみるのもいいかもしれませんね。

【マスト事項5】健康診断を受診

一般的に、入社前後に企業サイドで健康診断受診が義務付けられていますが、事前に自分で最新の健康状態を確認しておきましょう。市町村などで婦人科系検査の無料受診の制度を設置している場合もあるので、じょうずに利用できるといいですね。健康な身体は第一条件です。華やかなキャリアアップを決定した直後に病気が発覚し、内定をやむなく辞退……といった話も実際にあることです。次のキャリアを成功させる準備としてぬかりなくチェックしましょう。

以上、キャリアチェンジを考え始めたら必ずやるべき5つのポイント、いかがでしたか?
会社員としてその組織で得られる経験は必ず後の人生に役立ちます。退職は未来をポジティブに切り開くひとつの手段です。次回は3Wと転職活動についてリポートします。

▽ 後編へつづく

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Sonomi

南フランス在住。編集ライターを経て、外資系メジャー映画会社のPR,マーケティングなどに携わり映画業界に10年在籍。その後モードのPRを機に渡仏。フリーライター&プレス
ブログ: 南仏暮らし、ときどきベトナム http://nanamediterranee.blog.fc2.com/