きちんと毒、出せていますか? 汗をかけない人がやるべきこと3つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2016.10.28.Fri

運動をしても汗が出ない、岩盤浴やサウナへ行っても全然汗をかかない……私って代謝がわるいの!? ――と思っていませんか?
代謝の悪さは筋力がないだけと思い込む人は多いと思います。しかし、汗をかけない原因は「排毒」の仕方を正しく行えていないからなんですよ。

毒出しができない体質になっている

排毒ができない身体は、疲れやすく動くのが面倒と感じる人に多い傾向があります。なんとかしようと思って体を動かしても、すでに毒出しができない体質になっているため、汗が出にくく筋力もつきにくい状態になっています。
頑張ってもあまり運動効果を感じず汗が出ない人は、排毒効果の高い3つの方法を試してみてください。

排毒方法1: 呼吸とともに動くヨガ

ヨガというと、精神的に落ち着くとか、体が柔らかくなくといったイメージが強いかと思います。もちろんこれらの効果もありますが、はじめてヨガをやった人の多くが、汗をたくさんかくことに驚きます。
ゆっくりとした動きでただポーズをとっているだけなのに、なぜこんなに汗をかくのか!? それは、呼吸により全身に暖かい血液とともに酸素がいきわたるため、体内のめぐりがよくなることで排毒が行われるからです。たくさん動かないと汗をかけないイメージがあるかと思いますが、呼吸とともに動くヨガは、たくさん汗をかける運動のひとつなのです。

排毒方法2: 海藻を食べる

海外セレブは海藻を食べる習慣がないかわりに、スピルリナとよばれる藻類のサプリメントを摂取するのがブームです。それほど注目されている海藻、私たち日本人にとってはなじみのある食品ですよね。カロリーが少ないのに栄養が満点で、お腹も満たされるダイエット食品でもあります。カルシウムやカリウム、ナトリウムのミネラル類が豊富で、便秘がちで排毒ができない人にとくにおすすめです。
排毒ができない人の特徴に便秘という問題があります。汗をかけない人ほど腸内環境が悪い傾向にあり、体内は暑さを感じるのに熱がこもって汗が出ず、体温調節ができない状態になりがちです。便秘を改善するには、食物繊維だけでなく腸内の保湿環境を整えてくれるナトリウム摂取が必須です。硬便を回避して毎日のお通じに役立ちます。排毒をするには、まずは腸内環境を整える必要があるので、ミネラル豊富な海藻を食べましょう。

排毒方法3: しっかりと食事をする

食べると太ると思いがちな人は、食事を抜かして小食になりがちです。食べて太るものは、お菓子や添加物食、トランス脂肪酸などの多量摂取です。これらを毎日食べていれば食べすぎになってしまいます。食事のさいにこういった食品を食べていると、肝臓に負担が増えて毒が溜まります。さらに栄養が全身にいきとどかず脂肪が増えて筋力がおち、代謝がさがり食べて太る原因になるのです。
しかし、しっかりと炭水化物・たんぱく質・脂質を食事からとると、栄養が体内に満ち溢れて元気になり代謝もあがります。お腹が満たされるまで食べれば体温アップにつながるので、汗も出やすくなりますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。