顔を老化させる首コリ! 首コリを悪化させるついやってしまうNG行為6つ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.10.25.Tue

首がこると、顔がくすむだけでなく代謝が低下し、肌のざらつきやシミしわができやすくなるなど顔の老化がすすむことをご存じですか? とくに現代人女性はスマホ世代であり、前かがみの姿勢から首コリ患者が多いといわれています。
今回はなにげない日常でついやってしまう肩コリにつながるNG行為6つをお伝えしていきます。

顔を老けさせる前にやめたい行為6つ

1. 前髪が目よりも下

女性に多いのが、前髪が引き起こす首コリ。前髪が長いと邪魔になり、無意識に首をどちらかに傾けるようになり肩コリの原因になります。長時間デスクワークをするときは前髪をピンでとめるなどして工夫しましょう。
普段のヘアスタイルも、前髪が目にかかった時点でカットするようにしましょう。

2. 首と布団のあいだに隙間ができないようにする

枕は高すぎても低すぎてもNGです。枕と首と布団の隙間をうめるものがベストです。自分の首のラインに合った枕を選びましょう。
画像のように首の下に丸めたタオルをはさんで調整してもよいでしょう。

3. うつぶせで寝る

女性は「安心する」という理由で寝るときにうつぶせ態勢を好むそうです。
しかし、うつぶせで寝ると顔をひねった状態になるので首に負担がかかります。首をじゅうぶんに休ませるためには、背骨から首の骨がまっすぐになるあおむけ寝が理想的です。
うつぶせで寝ると顔がゆがみ、ほうれい線などシワもできやすくなりますよ。

4. 長時間、前傾姿勢をとる

パソコンやスマホ操作などで長時間、前傾姿勢をとると、まっすぐにしているときの何倍もの負担が首にかかってきます。
自分の姿勢を意識して首筋を伸ばすことを心がけましょう。姿勢が悪いとみた目までどんよりみえるので不利ですよ。

5. 視力が悪いままほおっておく

近年、眼科へ行かなくてもドラックストアでコンタクトが購入できるようになったことから、きちんと視力をはからず何年も同じ度数をしている方を多くおみかけします。目が悪いまま、ほおっておくと近くのものを見るときに首を前に出すクセがつき首コリに直結します。
また、目を細める行為も目つきが悪く、顔の印象も台無しです。最低でも半年に一度は眼科へ行き、視力検査をうけることが大切です。

6. 首の骨をならす

首の関節をポキっとならすと一見スッキリしたような気分になりますが、絶対にNGです。
音をならすことで関節内の組織に微細な破壊がおこり、結果として関節の変形が起こりやすくなってしまいます。首をならすのはクセになりやすいので意識してやめるようにしましょう。

首コリを改善させるだけで肌の調子がみるみるよくなることは多くあります。
もしかしたら今のあなたの肌トラブルは首コリの仕業かもしれませんよ?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/