居心地のよいマイホームを作ろう! 4つの簡単インテリア術

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2016.06.22.Wed

出典:we heart it

家族が「早く家に帰りたい」と思うような家には、愛があふれていているもの。家族みんなが居心地よくリラックスできるようなマイホーム作りのアイデアは、意外なところに隠されています。
今回は、マイホームに愛情を散りばめるインテリア術をご紹介します。

1: 空気に愛情を散りばめる方法

出典:pinterest

マイホームの空気に愛情を散りばめるためには、まず空気の入れ替えは欠かせません。毎朝数分でいいので、窓を開けて空気をリフレッシュ。締め切った家の空気は想像以上に汚れています。雨の日や寒い日も欠かさずに行いましょう。
空気の入れ替えが完了したら、アロマの香りで空気に愛情を添えます。オススメはジャスミン、ラベンダーやローズの香り。幸福感をもたらし、リラックス効果も期待できる香りです。
アロマスプレーはオンラインで購入することができますが、手作りも可。スプレー容器に無水エタノール5ml、精製水25ml、アロマエッセンス5滴を入れるだけでできあがりです。

2: 壁に愛情を散りばめる方法

出典:pinterest

欧米でよく見られるインテリア術として知られているのが、壁一面に飾られた家族写真。マイホームに温かみを与えてくれるだけでなく、写真の飾りかたによっては部屋全体がオシャレな印象に。
シンプルな部屋には大きめのモノトーン写真を飾ってみたり、ポップな部屋にはカラフルな写真を飾ってみたりと、部屋の雰囲気に合わせて家族写真を選ぶのがインテリアのコツ。
家族写真は、写真屋さんで撮ってもらったお堅いイメージのものではなく、ありふれた日常を写した写真をチョイスするのが◎。家族の笑顔がアットホームな雰囲気を作りだしてくれます。

3: 明かりに愛情を散りばめる方法

出典:pinterest

愛のあふれる家作りには、明かり選びはとても重要。白い明かりは集中力を高めるので勉強机や書斎に適していますが、リラックスしたいときにはオレンジ色の明かりが◎。食卓をオレンジ色の明かりにすれば、食事がおいしくみえる効果も期待できます。
また間接照明としてオススメなのが、ナチュラルなマイナスイオンを発生するといわれるヒマラヤソルトランプやミツロウキャンドル。間接照明のほどよい明かりがリラックス効果をもたらしてくれます。

4: 玄関に愛情を散りばめる方法

出典:pinterest

米国ニュージャージー大学の調査によると、花を飾ることは長期間にわたって人の感情にポジティブな影響を与えることがわかっています。気持ちが沈んだり、心配するリスクが軽減され、日々の日常に充実感や満足感を与える効果があるといわれている花の効果。そんなポジティブ効果の高い花は、玄関に飾るのが◎。
帰宅すると毎日迎えてくれる花に、自然と心が癒やされるはず。オレンジ色の花は元気や楽しい気分を与えてくれる効果が、またかわいらしいピンク色の花はながめてだけで優しい気持ちにしてくれる効果が期待できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr