たったコレだけ! 英語が話せるバイリンガル女子になるための5か条

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2016.03.21.Mon

英語が話せるようになるために一番必要なのは、英語を話したい! という強い想い。今日は英語が話せるようになりたい女子のために、バイリンガル女子になるための5か条をご紹介します。

まずは海外個人旅行にGO!

バイリンガル女子になるために海外旅行をオススメするのは、英会話の楽しさを体験するため。個人旅行では、ツアー旅行と違ってスケジュールが組まれているわけではないので、現地での車や切符の手配も自分でしなければなりません。
カタコトや身振り手振りでの会話であっても、英語で外国人と意思疎通できたときの快感は格別。また、海外個人旅行を体験すれば英語をマスターしたいというモチベーションがアップするはずです。

外国人と一対一で会話する機会をつくる

外国人がいるカフェやバーに行ったり、インターネットでお互いの母国語を教え合ったりなど、外国人と話す機会は英会話学校に通わなくとも見つけることができます。
外国人とマンツーマンで会話する機会は、リスニング力を鍛えるというメリットがあります。またきき取れなかった部分は、わかったふりをせずにわかるまで何度も質問することが大切です。

とりあえず文法は忘れる

正しい文法にばかり気をとられていると、思い切って話すことができません。間違ったらどうしよう、間違ったら恥ずかしいと気持ちは英語をしゃべる上で大きな壁となってしまいます。まずは「正しい文法で話そう」という気持ちは忘れることが大切。

単語力アップがカギ

英語力をアップさせる上で重要なのは、なんといっても単語力。単語力さえあればカタコトでもあってもコミュニケーションをはかることができます。単語力を磨くためには、高い記憶力は必要ありません。
大切なのは日常で目にする英単語に意識を向けること。カフェの名前やアイドルグループ名、好きな歌の歌詞など英単語は日常にあふれています。その単語の意味を一語ずつ理解することで、自然と単語力がアップするはずです。

会話のトピックを決める

外国人とマンツーマンで話す機会がある方にオススメなのが、会話のトピックをあらかじめ決めておくこと。トピックを決めておけば外国人を目の前に、今日は何を話そうとなんてドギマギすることもありません。トピックは難しい内容である必要はナシ。最近自分の身に起きた出来事、新聞の三面記事やゴシップなどなんでもOK。
自分が興味のあることを話題にすることで伝えたいという気持ちが高まり、コミュニケーション力がアップするはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr