馬が合わない上司とエンカウントした時の対処方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2016.02.15.Mon

オブラートに包んでみましたが、ようは一緒に働いていても不快感しか抱かない上司と出会ったときにどう乗りきるかというお話です。社会で働いていれば性格の悪い上司のひとりやふたり、いや3人や4人に出会うもの。平和にすごしたい気持ちしかないというのに、どうしたらいいものでしょう。

あなたに対して悪意があるかどうかを見わける

日々をすごしていれば、あなたが上司からどう扱われているかはわかってくるはずです。上司にあなたへの愛情があれば、ある程度は許せます。ですが、部下の成長を望めないかわいそうな人種もいます。「純粋に悪意があるな」とあなたが判断したのならば、まずあなたは「この人は私にとっての害悪」ということを認識することからはじめてよいです。
なにも「この人は上司だから好きにならないと」と使命感を感じる必要など皆無です。好かれていないのに、あなたが好きになろうとするから苦しいのです。馬が合わない人はいるものです。

同僚に相談する

たいていそういう人は、悪いウワサが流れています。視野を広くしてみましょう。あなたが苦しんでいるのなら、十中八九、あなたの先輩や同僚は被害にあっています。なぜなら、その上司はそういう人間だからです。誰でもいいのですよ。あなただからではないのです。それを知りましょう。

許せるか許せないかの判断が麻痺していることを知る

これは筆者の経験談ですが、悪意を向けられていることに馴れてしまうと、「自分が原因で上司を不快にしているのではないか?」と自信がなくなります。そして、善悪の判断がつかなくなっていることが多いです。そうなると、自信もないまま、厳しい環境の中で必死に仕事に打ち込もうとします。とてもとても苦しいです。
それは環境への適応をするためのすばらしいスキルではあります。ですが、悪意ある上司の機嫌に神経質になったり、「自分が悪い」と思う必要などないです。あなたに悪意を向けているなら、許さなくていいんです。仏心を理解できる人間力があれば、人に悪意を向けることなんてしないですからね。

心を閉じてもいい

毎日仕事をするごとに、まるでマシンガンでも打つかのように冷たく罵倒されたり、冷ややかな視線を向けられたり、陰口を言われたりすると、心が死にます。人間ですからね。なので、ある程度耳を傾け自分が悪かったことを理解し(悪かったのであれば、ですよ)、改善策を見いだしたなら、上司からの小言など聞き流していいのです。100%聞き入れていたら身が持ちませんよ。

悪意ある上司に負けてはいけない

いかがでしたでしょうか? 職場で平穏な人間関係を築きたいというのは、誰しも思っていることです。ですが、一部の心ない人はそうではないのです。他人に悪意を向けることで、自分が喜びを得る人は存在します。困ったことに、彼らは上司であることを武器に、いけしゃあしゃあと「これはゆくゆくはあなたのためだもの」とか意味不明な持論を繰り出したりします。まったくもって不可解ですね。
悪意を向けられて成長する人間なんてこの世にいません。人として価値を見出せない人間は、相手にする必要などないということです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

立羽 朝妓 Tateha Asagi

広島の山奥にある大学を卒業後、上京。
着ぐるみのスーツアクター、俳優・声優として活動後、エステティシャンとなる。
現在は、都内で劇団『タカラサガシゲキ団』の代表として、脚本・演出家として活動中。
オフに楽しむ梅酒と枝豆が何よりの至福。
暴走系ひきこもり女です。ご贔屓にどうぞ。

Twitter:@tateha_asagi
『タカラサガシゲキ団』
http://ameblo.jp/takarasagashigekidan/