負のループから抜け出す方法! ストレス、不安から脱出したいなら●●すべし!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2016.02.01.Mon

日々の生活の中で、落ちこんだり不安になったり、イライラしてストレスが溜まったり……なんてことはしょっちゅうありますよね。人間は感情があるため、そうなるのは当然のこと。しかしこうした感情を引きづることで仕事や恋愛、私生活にまでさまざまな悪影響をおよぼし、なにごともうまくいかない負のループに陥るのです。
そこでストレスが溜まったら定期的にとり入れてほしい、「負のループから抜け出す方法」をお伝えしていきます。

負のループから抜け出す方法とは?

ダメだったらときには諦める

大人になるほどこだわりが強くなり、偏った思考にもつながります。よく同じことで悩んだり失敗することはありませんか? こだわって同じことをぐるぐると考え続けると事態も悪化していきます。ひとつのものごとに固執せず、ダメなときは諦めて別のことに挑戦すると同じ失敗のパターンから抜け出すことができます。
また頑張りすぎもストレスを溜めることに。潔く諦めると自分をおさえたり無理をしたりというストレスからも解放されます。

「~やらねば」ではなく「~しよう」に変える

人間は「やらなくてはいけない」と考えると義務感が生じ、めんどうと感じたり心も体も緊張したり心身への負担がかかります。それを「~しよう!」とポジティブに変換するだけで脳内のドーパミンが分泌されてやる気もアップします。

元気がないときは無理やり笑う

笑うことで体内のホルモンが活性化、免疫力も高まり自律神経のバランスが整います。さらに脳波のα波が増えてリラックスし血流もよくなり脳の働きが活発になり前向きな気持ちになれます。
元気がないときはだまされたと思って笑ってみましょう。ユウウツな気分が吹きとび、幸福感が湧いてくるはず。お笑い番組を鑑賞するのもいいですね。

ストレスや悩みを書き出して破る

ストレスが溜まりはじめると小さなことでもストレスになりどんどん増えていきます。今、なにに不安を感じているのか? どうしてイライラするのか? 原因や不安を紙に書き出してみましょう。
紙に書いて破って捨てるという具体的な行動で、悩みを体内から追い出したという感覚になるため心身が軽くスッキリします。

思い切り泣いてみる

涙を流すことで、副交感神経が優位になり脳が張り詰めた緊張感から脱出できリラックスモードに。心が浄化され、スッキリします。ストレスが溜まりやすい週末などには小説や映画などを見て意図的に涙を流すシーンを作って定期的にストレスを浄化させていきましょう。

溜めこまず他人に話してみる

不安が溜まってどうしようもないときは、親しい友人や家族に話してみるのもひとつの方法。話すことで自分の頭の中が整理されて「気付き」が生まれ、さらに他人から受け入れられたという感覚が得られ、気持ちが落ちつきます。

まとめ

今、ストレスは溜まっていませんか? ストレスや不安は考えるほど負のループにはまりやすく、抜け出せなくなります。どうしてもストレスはたまるもの。定期的に吐き出す手段を身に着けておくことで気分が楽になり、ストレスを発散、前向きになることができますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/