“頭痛持ちさん”に朗報!! 痛みを和らげるナチュラルセラピー

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2016.01.20.Wed

突然やってくる頭痛、お困りではありませんか? とくに大きな理由もなく急に頭が痛くなったり、片頭痛がやってくるというトラブルはとりわけ女性には多いようです。そんなときすぐに市販薬に手を伸ばしていませんか? あまり頻繁に薬に頼りすぎるのもよくありません。

薬に頼らない“ナチュラルセラピー”

そこで今回は、急にやってくる頭痛を和らげる、薬に頼らないナチュラルセラピーをご紹介します。頭痛がもはや慢性的になってしまっている方はとくに、こうした療法を覚えておき、試してみるといいでしょう。

マグネシウムをたくさんとるようにする

マグネシウムは“奇跡のミネラル”と呼ばれることもあるほど、健康的なベネフィットがあると言われる栄養素です。頭痛の原因となっている脳内の血行を促進し、頭や肩の周辺の筋肉をリラックスさせることで痛みをおさえる効果があります。
またマグネシウム不足が頭痛を招くこともあると指摘されており、慢性的な頭痛に悩まされている人は、マグネシウムのサプリを利用するのも効果的です。

【マグネシウムの豊富な食材】
納豆、みそ、海藻類(わかめ、あおさなど)、いわし、ナッツ類(ピーナッツバターなども)

エプソムソルト入りのお風呂に入る

前述のとおり頭痛に効果的なのがマグネシウムなのですが、食べもの以外でも体内にとりこむことができます。それが海外では知名度の高い入浴剤としてのエプソムソルトです。エプソムソルトは一般的な塩ではなく、硫酸マグネシウムが原料となっています。お風呂に入浴剤として入れることで、皮膚からマグネシウムをとり入れ、血液中のマグネシウム濃度を高めることができるのです。
エプソムソルトは発汗作用があるためダイエットにも効果的なほか、美肌作用もあるのでキレイになりたい女子にはとくにおすすめです。

ツボ押しで痛みを和らげる

頭痛を感じたら、すぐに自分でできる対処法として効果的なのがツボ押しです。特定のツボを刺激することで、天然の痛み緩和効果のあるエンドルフィンというホルモンの分泌を促すことができます。頭痛の効くツボとしては、

・ 頭のてっぺんに位置する(百会)
・ 眉間の中央に位置する(印堂)
・ 目尻の外側に位置する(太陽)

などが有名ですが、ほかにもいろいろあります。人によって効くツボも異なるので、いくつか試してみましょう。

ラベンダーオイルでアロマセラピーをする

アロマセラピーが頭痛に効果的なこともあります。とくにおすすめなのはリラックス効果に優れたラベンダーオイル、安眠効果が高いことでも知られていますが、鎮痛作用も認められており、頭痛を緩和するのに役立ちます。ハンカチやティッシュなどに数滴つけて香りをかいだり、肩などのマッサージに利用したりするとよいでしょう。

メディテーション(瞑想)でストレスホルモンをさげる

疲労が重なっていたり、神経過敏から頭痛になってしまっている場合は、意識をスローダウンさせるメディテーション(瞑想)も効果的です。静かなところに座り、ゆっくりと深呼吸を繰り返しながら、リラックスすることは痛みに対する感じ方を変え、ストレスホルモンを大きく軽減させる作用があります。頭痛といった症状がなくても、日々の生活のなかにこうした時間をとりいれることで、イライラや焦りといった気持ちをおさえ、心穏やかにすごせるようになります。

▽ 海外参考雑誌:『Natural Health april 2015』(p64)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。