他人がうらやましいは危険「ねたまない私」になれる幸せ心得4つ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
HARUNA

Written by:

2016.01.17.Sun

「社長の息子と結婚するの」と聞いて「財産目当て」とか「女遊び激しそう」と幸せをねたんでしまう。いいこととはいえませんが、誰だって自分より幸せな人をみるとうらやましくなってしまうのも事実。他人をうらやんでしまうけれど、そんな自分が嫌い……。
それなら嫉妬心をおさえる心得を!

他人をねたんでしまう、そんな自分はイヤ!

友だちの自慢話を聞いて素直に喜べない、うらやましいとねたんでしまう、誰だってそんなことがありますよね。とはいえ「うらやむ気持ち」が大きくなると「ねたみ」に変わってしまい、ギスギスした性格に。ねたまない自分になるために、まずは「なぜ嫉妬しちゃうのか」を知っておきましょう。

劣等感が強ければ強いほど、人をねたんでしまう

自分の性格や能力、容姿など置かれている状況をできるだけ前向きにとらえて、満足したいという感情のことを自尊感情といいます。この感情が高い人は、自分に満足しながら自分を高めようと行動します。一方、自尊感情が低くなると、自分に自信がなくなり、他人と比べようとします。人が自分より下だと思えば優越感にひたり、上なら劣等感を抱きます。これが「ねたむ」ことにつながるのです。
こうした嫉妬感情を抱かないためには、自分の性格や環境などを肯定的にとらえることが大切。「自分には価値がある」と考えることができれば、劣等感が低くなり、ねたむ気持ちもなくなります。

嫉妬心をおさえる! 自尊感情を高める方法4つ

自尊心を高めるためには、まず人と比較することをやめること! その上で、以下の4つの方法も試してみて!

1. 自分のいいところを書き出す

性格や能力など自分のいいところを探してみましょう。他人のアラ探しをする暇があれば、自分のいいところに目を向けた方が、魅力を磨くことができます! ささいなことでも「自分の強み」になることを書き出して。人に言われた褒め言葉なども書いておきましょう。人と比べそうになったときは、書き出したものを目にして「私は私」と気持ちを切りかえます。

2. 他人とのつながりを意識する

私って孤独……と思うと、自尊感情は低くなってしまいます。他人とつながっているという感覚を持てば、ねたむ感情がうすれていくものです。友だちと会う機会を増やしたり、メールをしてみたり、習いごとなどの活動に参加するのも効果的です。

3. 自分は頑張れる、やれる人間だと考える

困難を乗りこえて「自分はできる」と達成感や充実感を味わうことも自尊感情を高める方法のひとつ。少しずつ、頑張れば達成できることにチャレンジして「できた!」という楽しみを増やしていけば自信が持てます。
試験に挑戦、少し難しい仕事にとり組む、貯金する、手の込んだ料理をつくる……など自分が得意な分野を高めていきましょう!

4. ねたむ気持ちを原動力に変えよう

人をねたむのは、今の自分になんらかの不満があるからです。「うらやましい」と素直に認めて、自分自身はなにをしたら幸せと感じるのか、見つめ直すチャンスでもあります。他人より劣っている部分は自分に足りない部分です。それを少しずつ補えれば、能力がアップして嫉妬心が前向きなエネルギーに変えられます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

HARUNA

美容・ファッション・ライフスタイル・旅行など、主に女性向けのコラム記事を
執筆しているライターのHARUNAです。
雑誌広告、化粧品会社にて美容コラムを担当するなど文章を書く仕事を経て、
現在はフリーのライターとして活動中。女性がもっと美しく健康に!
そしてハッピーになれるような記事をご紹介出来るよう頑張ります♪

twitter: http://twitter.com/unicohm
blog: http;//haruna-matsumoto.seesaa.net