お仕事シーンでキラリとアピール! 女の子が意識すべき名刺入れの選び方について

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
生井澤 葵

Written by:

2016.01.14.Thu

ビジネスシーンの最初に登場する名刺入れ。名刺交換の時に、絶対に相手に見せることになので、あなたの印象を決める大切なアイテムです。小さなアイテムながら、お財布や手帳よりも前に見せるもの、名刺入れについて!

男性の名刺入れ

そもそも、男性の名刺入れってどんなデザインでしょうか? 百貨店の名刺入れコーナーをチェックすると、男性ものの名刺入れは圧倒的に黒が多いです。茶色やネイビーがその次でしょうか? 実際に多くの男性が黒の名刺入れです。個性派は、ブランドもののモノグラムや、スチールなど金属のものをチョイスする様子。

個性が出せる女性の名刺入れ

女性の名刺入れはデザインもカラーもさまざまで、迷ってしまいますね! ハイブランドのものでも、比較的お値段が手に届きやすい(小さいアイテムですからね)ので、選択の幅が広がります。ちなみに某ハイブランドは、女性が働くことをイメージしていないのか「名刺入れは作っていません!」と言われたことがあります……(そこの店員さんは女性でしたが、他ブランドの名刺入れを持つのかしら!?)。

名刺入れの選び方

選択肢が広いものの、ビジネスシーンでのアイテムであることは忘れてはいけません。自分の仕事の業種から離れすぎない雰囲気の名刺入れを探すことをオススメします!

はじめての名刺入れのオススメは黒

はじめて名刺入れを買うタイミングは、おそらくは就職活動のときです。そして就職活動のとき、多くの場合にはまじめなスーツで活動しますよね。このときは、スーツの雰囲気に名刺入れを合わせることを強くオススメします! 「私はまじめに頑張れる子です! 信頼してください!」という就職活動の場面で、個性の強い名刺入れがとり出されますと、「じつは、こういうタイプです」と言っているようなもの!
それが良く作用するのであればいいのですが、少しリスキーです(会社の雰囲気を徹底分析する必要がありますね!)。黒の名刺入れながら、金具だけ少しかわいい、質感がかわいい、リボンが小さく付いている――など、ちょっぴりのかわいらしさにこだわってみるのはいかがでしょうか?

2つめの名刺入れ

就職後少したった頃、名刺入れの買い替えの検討をしてみてはいかがですか? この頃には真面目なリクルートスーツ生活も終わって、少しこなれたお仕事スタイルになってきている頃です。黒の名刺入れはつねに安定感があるのでオススメではあるのですが、個性を出してもしっくりくるのは、この時期くらいからだと思います。
自分と会社を印象付けるためには、ブランドが即わかるデザインではなく、色・質感・デザインから「いいものだな」とわかっても、一瞬ではどこの製品かわからないものが素敵なのではないかと思います。

おわりに

選択肢の幅が広いぶん、自分らしさと仕事でのスタンスを、よりアピールできる名刺入れを見つけられると素敵ですね。いただいた名刺は、すぐに名刺ホルダーへ! 名刺入れにしまいっぱなしで名刺入れがパンパンなのNGです。名刺入れが片付いていると新しい出会いを呼びこむ、なんて言われるんですよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

生井澤 葵

弁護士・中央大学法科大学院実務講師・JADP認定夫婦カウンセラー。
主に埼玉県で弁護活動をしています。
女性の弁護士ということで、夫婦の問題や、男女の問題についての相談が集まり、
その分野の問題を多く取り扱っています。
ホスピタリティのある法律相談ができるように、
カウンセラーの資格も取得しました。
女性がある日、ふとぶつかってしまうような法律の問題を、
分かりやすい言葉で、丁寧に説明することが得意で、
法律事務所・弁護士に相談することのハードルを下げるために、
日々情報を発信しています。
ブログ 弁護女子。
http://blog.goo.ne.jp/bengojoshi
法律相談・講演依頼等、お仕事のご依頼は、
こばと法律事務所にご連絡ください。
http://www.kobato-law-office.com/