旅行は旅先に着くまでが勝負!? 疲れない旅路をすごすには

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2015.12.25.Fri

そろそろ年末年始も近づき、お休みはゆっくり家ですごそうか、それともお休みだし旅行に出かけようか悩む時期ですね。寒い時期だからこそ楽しめる国内・海外の旅行は思い出作りができ、新年から頑張れる活力になることも。しかし、旅に出るとやたら疲れるのがネックです。

リフレッシュしたいのに

旅行に出かけるのに一番ネックなのが移動。移動って一番時間がかかるし、観光や遊ぶときよりもなぜか疲れやすいですよね。そんな移動時間をなるべく快適にすごすことで、旅の疲れも残りづらく旅そのものが楽しいものとなっていくので、しっかりとリフレッシュ効果を感じることができるのでは?

必需品の確認

洋服や化粧品、さまざまな必需品がたくさんあって旅行に行くときって荷物が多くなりがち。ですが、忘れてはいけないのが移動時を快適にすごすマストアイテムたち。多くなりがちな荷物ですが、これらのマストアイテムのことを考えて、持っていく荷物を選別しより快適な旅をすごしましょう。

移動時間は眠い

移動時間は眠気との勝負でもあります。また、この移動時間にしっかり睡眠をとるのも旅を充実させます。しかし、移動中のバスや飛行機で寝ると首が疲れやすく、肩こりの原因に。必需品の中に「エアーピロー」を入れておくと、いつもと違う寝床でも快適な睡眠がとれるようになります。

寒さとの戦い

バスや飛行機の中って意外と寒いのが難点。ブランケットでも寒さが癒えないことも。そんなときに役立つのが「ホッカイロ」。腰やお腹に充てるだけでも全然違います。また、いつも足先まで冷えっ冷えな冷え性さんにおすすめなのが「よもぎ蒸しパット」。子宮を温めてくれるので全身の血行もよくなりむくみ防止に。

乾燥対策には

空調のある車内や機内はより乾燥しやすいですよね。湿度も低いので潤いを保つのが難しい環境。体内の水分も奪われやすいので水分補給がとても大事です。水分補給には「常温のお水」が必要です。がぶがぶ飲まずに、15分に一度くらいの感覚で一口飲み続けると、体内の水分量をちょうどよく保てます。

服装を考える

長距離の移動があるときは、移動のための服装を考えるのがベストです。長い時間座りっぱなしの移動は、血行も悪くなりやすいためむくみやすくなります。なるべくむくみを軽減させるためにも、あまり締めつけすぎる服装にならないように、さらに体が冷えないよう「快適な服装」を考えましょう。

むくみ対策

むくみ対策はマストかもしれません。むくみにより足が痛くなったり、食欲がなくなったりと旅行の楽しさを半減させます。飛行機に乗る場合は必ず対策をとるべきかもしれません。足のむくみ対策には「着圧ソックス」などがベスト。ゆるめのパンツやロングスカートをはいて快適にすごすのもポイント。

まとめ

旅行を楽しむためにも、たとえ荷物が多くなろうと移動時のマストアイテムは揃えておくととても便利です。どうしても旅行の中での移動は時間をとられやすいのですが、移動時も楽しく快適にすごすため、ぜひ準備万端で出かけてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。