最近なんだかユウウツ……そんなときは“自分にあったセラピー”でリフレッシュ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2015.11.24.Tue

寒くなり部屋に引きこもりがちな日々……そうなると気分も沈みやすくなり、ウツウツとした気分で毎日すごすようになってしまうことも。そんなときはムードアップに効果のあるセラピーで気分をいち早く立て直しましょう。
今回は女子のハートに響く数々のセラピーたちをご紹介します。

アロマセラピー

自宅でも手軽に楽しめることで女子に人気のアロマセラピー。香りによって気持ちをやわらげたり、あるいは気分を前向きにするなどの効果があげられます。アロマセラピーに使うオイル(精油)は、そのまま香りを楽しむ、マッサージに使用する、お風呂に入れる――などさまざまに活用できます。またヨガや瞑想中にお部屋に香りを漂わせて、神経集中やリラックス効果を高めることも。香りの効果で心も体もよりキレイになれそうです。

ミュージックセラピー

赤ちゃんに子守歌をきかせたり、お風呂でおもわず鼻歌で歌ったり……歌や音楽は言葉にならないさまざまな感情を発散する、本能的な表現方法と言ってもよいでしょう。これをセラピーとして活用すると、自信・集中力・コミュニケーション能力・独立心、そして他人を思いやる気持ちなどを高めることができると言われています。
音楽のある暮らしは、私たちの毎日を精神的にもより豊かなものにしてくれます。まずは好きなジャンルの音楽をたくさんきく、ライブやコンサートで生演奏に触れる、音楽にのって体を動かしたりダンスをするといったことからはじめてもよいでしょう。

アートセラピー

子どもの頃はただ“好き”というだけで、何時間も絵を描いていたり、空想していたり……なんてことがあったはず。でも大人になってから、そんな時間をすごしたことがはたしてあるでしょうか? 人には本来誰しも自分を表現するためのクリエイティブな面があるはずだし、それを解放することで、「自分にとってより大切なものはなにか」という根源的な問いに答えを見出す手助けにもなると言います。アートセラピーは精神面だけでなく、胃腸のトラブルや免疫力の改善など身体的にも役立つことが認められています。
またその内容も多岐にわたり、絵画や彫刻といった視覚的アートから演劇や物語創作までさまざま。五感をフル活用し、脳を瞑想状態にすることで、無意識の中にひそむ“なにか”を引き出そうという意図があります。日本ならではのお写経や、あるいは今流行りの“大人のぬりえ”なども一種のアートセラピー。気軽にトライしてみましょう!

アニマルセラピー

ペットが飼いたくても、いろいろな事情で飼えないという人もたくさんいるでしょう。でも動物と触れあうことで、心が癒され元気になれるというのは、皆さん経験的にもご存じのはず。そこでアニマルセラピーです。犬や猫など身近な動物からウサギやハムスターといった小動物など、一緒にいるだけで心が穏やかになれる動物とすごすことで、ウツ気味の気分もよくなっていくことでしょう。
またイルカや馬などによるアニマルセラピーもあります。アメリカではなんと、“ウルフ(狼)セラピー”なるものまで……正確にはウルフドッグという犬と狼の交雑犬のようですが。

ショッピングセラピー

“お買いものでストレス発散”というのは女子にはもはや常識ではないでしょうか。たしかにワードローブに新しい洋服や靴が加わると、それだけで気分もあがったりしますよね。英語では“ショッピングセラピー”と呼ばれているくらいなのですから、たしかにセラピー効果はあるはず。ただしショッピング中毒にならないよう、お財布具合はしっかりチェックすることを忘れないでくださいね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。