安心安全なレモンを選びたいなら、グリーンレモンがオススメ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2015.09.30.Wed

天然のビタミンCをたっぷりとりたいならレモンがおすすめ! 抗酸化作用があるため、お肌の老化を防止し、そして美肌にしてくれます。そのほかにも、風邪をひきやすいときにはウィルスから体を守ってくれます。でも、レモンって外国産が多いので、丸ごと食べるにはちょっと不安ですよね。

気になる農薬

スーパーに売っている外国産のレモンは、皮の部分に付着する農薬が気になるところ。だから外国産をさけたい人も多いのでは? とくに料理で皮まで使いたい場合は、国産の無農薬レモンを選ばなければ安心できません。

日本のレモンは秋からが旬

日本は一年中レモンの栽培が行われない土地柄のため、なかなか無農薬のレモンが手に入りません。でも、これからの時期はレモンの季節です! ちょうどビタミンCが必要な冬にかけてがレモンの時期。爽やかな柑橘系のレモンなので夏が旬なイメージですが、実は風邪をひきやすい秋からが旬の果物です。

グリーンレモンがおすすめ

これからの秋に収穫されるレモンのほとんどが、グリーンレモン。黄色いレモンとの違いは、秋に収穫されたために緑色であるということだけ。12月以降になると黄色いレモンが旬になります。

輸入品のレモンの特徴

グリーンレモンの状態で日本に輸入されますが、日にちがたっているため黄色に変化します。グリーンレモンは国産の新鮮なレモンの特徴です。安心安全のレモンを選ぶなら、グリーンレモンをチョイス!

香りを楽しむ

秋にしか採れないグリーンレモンは、黄色いレモンと違い香りが爽やか! 「まだ黄色くないから未熟で美味しくない」ということではありません。香り、酸味を楽しめるのはこの秋のグリーンレモンだからこそ。黄色いレモンになると、今度はジューシーさが増してきます。

秋にぴったりな理由

グリーンレモンの香りと酸味は、この秋にピッタリなんです。爽やかな酸味は、秋に旬のお魚と相性抜群! また皮まで使えるので、ケーキなどを作るときの香りづけにもなります。ジューシーさがないぶん、香りをとことん楽しむことができます。

クエン酸たっぷり!

酸味のもととなっているクエン酸は、抗菌力や殺菌力に優れています。黄色いレモンより若いグリーンレモンには、このクエン酸がより多く含まれているのです。抗菌、殺菌力に優れているため、抵抗力の強い体に。しかも疲れをいやす成分なので、疲労回復に効果大です。

国産レモンだからこそとれる成分

国産の証でもあるグリーンレモン。皮まで食べられるのが嬉しいところです。このレモンの皮の部分には、レモンポリフェノールがたっぷりと含まれています。抗酸化力があり、ビタミンCとの相性抜群! そのため、レモンを食べるならできれば皮ごと食べるのがおすすめです。

お肌をプルプルに

乾燥が気になる季節になってきましたよね。基礎化粧品などでお手入れも必要ですが、内側から天然のビタミンCを補給すると、肌の水分保持力がアップします。お肌に潤いがたりない場合は、ビタミンCの保持力がとても効果がありますよ。秋からビタミンC摂取でお肌ケアを忘れずに!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。