ダークチョコレートがイイ!? 歯の健康を守る7つの飲食品

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2015.07.29.Wed

砂糖にチョコレート、ケーキなど虫歯の原因になる食品はよく知られていますが、なかなか知られていないのが、虫歯を予防する食品。さまざまな食品には、虫歯や歯周病を予防したり、歯のエナメルを強化する効果があります。今日は歯の健康を守る7つの食品をご紹介します。

1. ダークチョコレート

虫歯の天敵と思われがちのチョコレートも、カカオ含有量の高いダークチョコレートなら安心。カカオに含まれるポリフェノールは虫歯の原因となる虫歯菌から歯を守る作用があります。また、カカオに含まれるCBG(コルチゾール結合グロブリン)と呼ばれる成分には、歯のエナメルを強化する効果があることもわかっています。歯の健康を守るためには、カカオ含有量が75パーセント以上のダークチョコレートをチョイスするのが◎。また、一食に砂糖の摂取を8グラム以下におさえるよう心がけて。

2. 鶏のレバー

鶏のレバーに含まれるビタミンK2は歯や顎の健康をたもつのに欠かせない栄養素。ビタミンK2はカルシウムが歯や骨に沈着するタンパク質を合成するのを助ける働きをします。歯や顎を丈夫にするためにはビタミンKとあわせてビタミンC・ビタミンDも摂取するように心がけましょう。

3. サーモン

カルシウムの吸収を助けるビタミンDはサーモンのような脂ののった魚に豊富に含まれています。サーモンは虫歯や歯周病を予防するのに効果的です。

4. 水

虫歯や口臭を防ぐ働きをする唾液。唾液の99.5%は水からできているので、水を摂取することは歯の健康をたもつ秘訣。また、食事後にお水を飲むことで歯の汚れを落とし、虫歯を防ぐ効果も期待できます。

5. スナップエンドウ

塩ゆでするだけでおいしいスナップエンドウもまた歯の健康を守る強い味方。スナップエンドウに豊富に含まれる食物繊維には、そしゃくしながら歯をキレイにする作用・唾液の分泌を促す作用があります。

6. キシリトール

虫歯を引きおこさない甘味料として知られるキシリトール。甘いものが食べたいときの強い味方です。ただし、キシリトールが配合されているからといって虫歯予防になるわけではありません。キシリトールが配合されていても、多量の砂糖を含むお菓子は当然虫歯の原因に。キシリトールのイメージに惑わされないように注意し、買物の際はよく原材料をチェックしましょう。

7. 緑茶

緑茶に含まれるカテキンには、虫歯の原因となる虫歯菌から歯を守る効果があります。また抗ウィルス作用があるので、お茶でうがいすることで風邪やインフルエンザの菌の侵入を防ぐ効果が期待できます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr