どんなサプリより効果的! 子宮力を上げて美人になる3つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
コマツマヨ

Written by:

2015.05.13.Wed

乾燥やニキビなどでお肌が荒れ気味のときや、冷え性やむくみなどで体の調子が悪いとき、多くの人は改善のために体にいいものを取り入れたりサプリメントを飲んだりしますよね?
でも、実は私たちの女性の身体は「子宮」を鍛えることによって、美容や健康にとってもいい効果が現れるんです。体もキモチも快適に過ごすためにも、今回は「子宮力」をアップさせる3つの方法をご紹介したいと思います。

あなたの子宮、弱ってない? 子宮力チェックをしてみよう!

「鍛える」といっても、筋力アップなどのトレーニングということではありません。私たち女性は、日々の生活習慣やホルモンバランスの乱れによって、様々な部分に影響を及ぼしがち。
以下の項目で、当てはまる数が多いほどあなたの子宮は弱っています!

□ 生理が不規則だ
□ 生理周期が極端に短い、または長い
□ 生理痛が重い、発熱や頭痛、吐き気など重い症状がある
□ 食事は不規則だ
□ ダイエットを行うときは食事制限をする
□ タバコやお酒などの嗜好品を多く摂る
□ 湯船につかる回数が少ない
□ デスクワークで座りっぱなし
□ 運動をしっかり行っていない

生理周期が不規則だったり、我慢できないほどの生理痛がある人は、子宮が弱っていてなんらかの症状が出ている可能性があります。また、健康こそ損なっていないものの、生活習慣が乱れている人は慢性的な肌荒れや血色の悪さ、太りやすく痩せやすいなど、美容面にも悪影響が出ていることが考えられます。

子宮力をアップさせる方法3つ

普段の生活習慣の中でも、子宮力をアップさせることができます。ごく基本的な3つの方法をご紹介しましょう。

生理周期を整える

生理って私たちにとってとても身近なもの。そのため、すこし遅れたりいつもと違う変化があったとしてもついつい見過ごしてしまいがちです。生理周期を整えることは、体調やお肌の状態を整えることにつながります。
できる限り薬に頼らない方法で、生理周期を正常に整えるよう心がけましょう。
・ お灸や鍼などの東洋医学で生理周期を正常にする
・ 入浴時は必ず湯船に浸かって体をあたため、自律神経を活性化させる

ホルモンバランスを整える

生理周期を整えることと同時に、ホルモンバランスを整えることにも意識を向けましょう。ホルモンバランスの乱れは子宮の機能低下につながり、やがて生理不順や肌荒れ、体調不良や太りやすい体質になってしまうこともあります。
いくらサプリや食品を採り入れても、身体が健康な状態でないとそれらの効果は期待できません。まずは、運動や睡眠などで体を健康な状態にすることが重要です。
・ 通勤・通学以外に運動を行う習慣をつける
・ ストレッチなどで血の巡りを良くする
・ ヨガやピラティスなどのゆったりとした運動が効果的

「身体を温めること」に意識を向ける

知らずしらずのうちに、私たち生活は体を冷やしてしまいがちです。エアコンなどの空調はもちろん、身体を締め付ける下着や服装で血行不良になったり、冷たいドリンクをたくさん飲んでしまうことでも、体は冷えやすくなってしまうのです。身体を温めることを意識した生活を送りましょう。
・ 常温か温かいものをゆっくりと飲む
・ 根菜類など身体を温める食材を摂る

子宮力をアップさせることで、将来子どもがほしくなったときもスムーズに授かることができます。美容や健康、将来のことまで考えると、子宮力をアップさせない手はないですね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

コマツマヨ

主に美容・健康・恋愛など女性向けジャンルでリアルな目線で執筆中。
焼酎バー店長、ウエディンググッズデザイン、某洋菓子メーカーの広報担当を経て、フリ―ライターとなる。人間関係が苦手なくせに人と話すのが好き。夫と猫との3人暮らし。
一人旅が趣味で、年に数回沖縄の離島など主に国内を旅行。旅先での新しい人や場所との出会いや視野を広げるのが楽しくて仕方ない。
google+:
https://plus.google.com/u/0/101215923455249373661/
blog: http://ameblo.jp/kmmylog
twitter:@komastu_mayo