肌荒れ・便秘・老け顔…全て胃腸が原因だった! 胃腸力を上げて美健康を目指そう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2015.05.24.Sun

若さや美肌、健康を維持するために必要な基本は「バランスの良い食事をしっかりと食べる」こと。ビタミンやミネラルが豊富な野菜、魚や肉など良質なたんぱく質。栄養抜群なこれらをどんなにバランスよく摂取しても胃腸が弱っていては全然吸収されていきません。つまり大切なのは健康な胃腸! 食べたものを消化・吸収する胃や小腸、食べかすを便として排出する大腸などがしっかりと働くことが美と健康のアンチエイジングに大切な事なのです。皆さんは自分の胃腸力に自信はありますか?

自分の腸年齢をチェックしよう!

□ 便秘気味、もしくは便秘と下痢を繰り返す
□ 便は硬く、ストンと気持ちよく出ない
□ 野菜が嫌い、もしくはあまり食べない
□ 肉食や外食が多い
□ 牛乳や乳製品が嫌い、もしくはあまり口にしない
□ 肌にツヤがない、老けて見られることが多い
□ ストレスが多い、顔色が悪いと言われる
□ 飲酒量・喫煙量が多い

全く当てはまらなかったかたは実年齢よりも若く、今の生活をキープしましょう。1~2つの方は実年齢と同じくらい、意識を高めればもっと若さを目指せます。3~5つの方は腸年齢は若いと言えない状態、食生活や運動不足を改める努力を。それ以上の方は腸年齢は実年齢よりもずっと高め、今すぐ生活改善を。それ以上の方は腸年齢は実年齢よりも高め! 老化が進み、体調不良を招く可能性も。

胃腸力をアップする食事法とは?

話題の発酵食品で腸内細菌を整える

美健康に良いと話題の発酵食品は、もともと腸に常在しているビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあります。主な発酵食品はヨーグルトやチーズ、納豆など。

食物繊維は積極的に

食物繊維は消化されずに大腸へ送り込まれるため、便のカサを増やしたり腸内細菌のバランスを整えて便の質を良くする働きがあるため、胃腸の健康だけでなく美肌効果・便秘解消が望める女性に嬉しい成分。ひじきや海藻類、ゴボウなどサラダや汁物に加えて積極的にいただきましょう。

肉=野菜はその3倍

肉中心の食生活をしていると、悪玉菌が増加傾向にあります。お肉を食べたら野菜はその3倍食べる! を意識しましょう。野菜で食物繊維も摂れて胃腸力もさらに高められるので一石二鳥です。

新旧交代に必要な材料を意識

消化・吸収の中心地である小腸の細胞はたった一日で新旧交代して栄養の吸収力を保っています。小腸の吸収を高めて胃腸力の低下を防ぐためにも新旧交代に必要な細胞の材料である、たんぱく質・ビタミン、ミネラル・核酸を意識しましょう。

まとめ

胃腸力をアップさせるとまず肌がキレイになることを実感するでしょう。さらに胃腸力は風邪や病気から身を守る免疫力にも関わっており、免疫細胞の約7割が腸管に集中し、細菌やウイルスを腸で撃退し、体内への侵入を防いでいることが分かっています。日頃から美容と健康のためにも胃腸力を高めていくことがアンチエイジングにとって大切なことなのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/