美容院に行く前に……ちゃんと自分のニーズを把握していますか?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2015.02.19.Thu

ヘアスタイルを変えるって、それだけで気分も変わり、なんだか生まれ変わったような気持ちになれるから不思議です。雑誌などでいろいろ研究して、“こんな髪型にしたい”と思っていざ美容院へ! でもいざカットしてみると、自分のイメージと違う、高いお金も出したのになんだか残念……。なんて経験が誰にでもあるはず。そう、いくらイメージする写真をもっていったり、美容師さんと相談しても、100%自分のイメージ通りのスタイルを実現させるのはなかなか難しいことなんです。

そこでそんな思いをしないためにも、美容院に行く前にまずちゃんと自分のニーズを把握することが大切です。ただモデルさんの髪型を“いいな”と思うだけでなく、ちゃんと現実的にどんなスタイルが自分に適しているか分析したうえで、カットしてもらいましょう。そうすれば“こんなはずじゃない”というがっかりも防ぐことができるはずです。
では具体的にはどんなことを考えておけばよいのでしょうか??

自分の顔の輪郭に合ったヘアスタイルかどうか?

ヘアスタイルはその人の輪郭によっても大きく印象が変わります。まず自分の顔の輪郭がどんなタイプかしっかり把握して、ヘアスタイルとマッチするかどうか考えてみて。

・卵型(フェイスラインが卵のような理想的な形)
・丸顔型(幼顔のような印象の形)
・面長型(日本人に多く、落ち着いた印象の形)
・四角型(意志の強そうな印象の形)
・三角型(シャープで大人っぽい印象の形)

などなどありますが、それぞれ似合うヘアスタイルも異なります。自分の輪郭とベストマッチなヘアスタイルを選ぶために、アプリを利用したり、美容師さんに相談してみるとよいでしょう。

モデルさんのイメージを鵜呑みにしていないか?

たとえば写真のモデルさんのイメージを鵜呑みにして、自分にもその通りにあてはまるとは思わないように! モデルさんの撮影には、プロのスタイリストが何時間もかけてセットしたものかもしれないし、実際のヘアスタイルの印象は、メイクや髪のカラーによっても大分変ってきます。だから自分が全く同じような感じにならないからと言って、美容師さんを責めるのはお門違いというもの。メイクやカラーリングといった要素も踏まえ、どこまで現実的に自分に可能なのか、美容師さんとよく話し合ってみましょう。

自分のライフスタイルに、合うヘアスタイルかどうか?

すごく素敵なヘアスタイルだけど、セットにすごく時間がかかるという場合、あなたならどうするでしょう? 結婚式やデート、特別のときならいざ知らず、日常生活のなかでスタイリングにかけられる時間は限られていることが多いはず。どんなにサラサラなロングヘアーが好きでも、毎晩遅くまで仕事で忙しく、髪をちゃんと乾かす時間すら持てないようだったら、サラサラ感を維持するのは至難の業かもしれません。ついつい憧れやイメージだけで、“こんなヘアスタイルに”と飛びついてしまいがちですが、それが本当に自分のライフスタイルに合うものなのかどうか、現実的に考えることも忘れないようにしましょう。

美容師さんたちは優れた技術を持っていますが、あなたの漠然とした思いを何でもカタチにしてくれる魔法使いではありません。思い通りのヘアスタイルを実現するためにも、なるべく美容師さんとたくさんコミュニケーションを図り、自分のニーズを的確に伝えましょう。お客さんからの発信が多ければ多いほど、美容師さんたちもよりあなたに合ったアドバイスができるはず。恥ずかしがらずに、たくさん“こうなりたいんです”と情報発信することが、理想のヘアスタイルに確実に近づくヒントといえます。

参考記事(海外サイト):5 things every woman MUST know before getting a haircut

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。