はやりのニットに毛玉がたくさんできちゃった! キレイに取り除く方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2015.01.16.Fri

すでにはやりのニットは手に入れましたか? まだまだこれから寒くなるので、おしゃれを楽しみながら寒さをしのげるニットは手放せませんね。しかし、大事に着ているニットでも、使えば使うほど毛玉ができてしまうのが残念なところ……。おしゃれに着こなすには毛玉はとっても恥ずかしいです。簡単にキレイに取ることができれば、着回しアイテムとしてとっても重宝できるので、しっかりとケアしておきたいですよね。

毛玉ができちゃう原因を知っておこう

毛玉は繊維と繊維が摩擦により絡み合って固まったものです。ニットに限らず毛玉ができやすい部分が脇から腕にかけてのラインや、袖口、ウェスト周りの部分です。この部分は良く動く部分で、服との摩擦で毛玉ができやすい部分です。作られている素材によっては一日で毛玉がぽつぽつできてしまう事もあるので、入念な手入れが必要になってくる場合もあります。
また、着る回数が増えるほどに毛玉ができてしまいますが、繊維の摩擦で表面上だけが固まりを作りやすいので、着用していればどうしても毛玉はできてしまいます。カバンとの摩擦や、普段からの動きのクセなどで毛玉ができやすい場所なんかもありますよ。その他にも同じ摩擦で毛玉ができやすいのが洗濯時なので、高級な素材でできたニットなどはドライクリーニングなどに出すと安心ですね。

毛玉ができちゃったときの対処方法

もし毛玉ができちゃったら、手軽に簡単に対処できる方法があります。わざわざ毛玉取り器を買うのも面倒な人は、家にあるちょっとしたものでできてしまうので、ぜひ使ってみましょう。
まず一つ目に、各家庭にもあるスポンジ。食器などを洗うスポンジの裏のざらざらした部分を使って、毛玉のある部分を撫でるように滑らせると、繊維がスポンジのざらざらにくっ付いて毛玉が簡単に取れます。
その他T字のカミソリなんかもお勧めです。 ニットの目を傷つけないように表面だけの毛玉を削ぐように使えば、毛玉だけがぽろぽろと取れ、しかも簡単にキレイになります。
一番やってはいけないのは、手でつまんで毛玉を引きちぎる方法です。無理矢理引きちぎろうとすると、周りの繊維も引っ張られてしまい、その部分だけ繊維が薄い状態になってしまいます。また、より繊維が毛羽立ち毛玉もできやすくなるので気を付けましょう。

そもそも毛玉を作りにくくしておく

毛玉ができてそれを取ること自体、ニットの繊維をダメにしているようなもの。しかし、普段から気を付けていてもできてしまう毛玉。自分でしっかりお手入れしておけば毛玉もできにくくなります。一番気を付けたいのは、自分で洗濯をする時です。しっかりとネットに入れて洗濯をするか、手洗いなどを行っていきましょう。また、洗濯ネットに入れるときにも、ニットを裏返しにしておくと、より表面の毛玉もできにくくなります。また、ウールやカシミアなどの高級素材などは、毛玉もできにくいのですが、できてしまってもホロっと取れやすいので、素材を選んでニットを購入するのも良いですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。