お疲れ気味のときこそ大事にしよう! 自分を愛おしむリフレッシュタイムアイデア

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2014.11.20.Thu

外は寒いし、年末に向けて公私ともに多忙を極める時期、毎日余りの忙しさに心の潤いを失っていることもじつは多いのではないでしょうか。でもそんなお疲れ気味のときこそ、自分の心と体をケアする余裕を忘れてはなりません! 今回は、そんなリフレッシュタイムにすべきアイデアたちをまとめてみました。

ネイルケアで、女度を高める

無心にネイルをしているときって、集中しているだけにストレス発散にもなります。指先、足先まで手入れが行き届いているのは女子力の高い証でもあるだけに、たまに自宅でじっくりネイルケアをするのがよいでしょう。ネイルでも鮮やかな赤や深紫といった色は、指や手の細かい欠点を強調することになるので避けるべき。きれいな手を維持するコツは、週1のスクラブで、しっかりと古い角質を落とし、その後よくハンドクリームを塗って保湿することです。

お家でゆっくりティータイム

お気に入りのお茶でゆっくりリラックスするひとときは、精神面で落ち着きを取り戻すうえでも大切な儀式のひとつ。冬なら免疫アップのために生姜の入ったジンジャーティー、ハチミツ入りミルクティーなどもおすすめ。また日本人におなじみの緑茶には、肌の弾力性を高める効果があるとされ、美肌のためにも愛飲したいお茶といえます。

20分間のお昼寝で、睡眠不足で疲れ気味な体をリセット

夜遅くまで仕事をして、朝は早くから出勤、そんな毎日が続いてはどうしても慢性的な睡眠不足になりがち。そうすると、疲労もたまりやすく、いつまでたっても倦怠感が抜けない悪循環に陥ってしまいます。それを予防するうえでも有効なのが、1日20分ほどの昼寝。これ以上短くても、長くても、逆に眠気がだらだらと続いてしまうので気をつけましょう。睡眠不足は、免疫力を下げるだけでなく、肥満や気分の落ち込みの原因ともなるのでけっして放っておいてはいけません。睡眠不足を自覚している人は、なんとかお昼寝できる時間を作り出せるようにしましょう。

スキンケアアイテムを変えてみる

女性はどうしても決まったスキンケアアイテムをずっと使いがち。でもたまには違ったものも試してみると、お肌の調子もよくなったり、気分も変わってきたりします。たとえば、美容液やフェイスパックだけすこし高級なものを使ってみるなど、“自分ご褒美”的な使い方をしてみるといいかもしれません。

赤い食材をよく食べるようにする

毎日の食事だって、コンビニ弁当やありあわせばかりではゲンナリ。食べるときも一種のリフレッシュタイムと考え、おろそかにしないようにしましょう。彩りのよい食事は栄養バランスにも優れていると言われていますが、注目したいのは“赤”です。トマト、ベリー類、スイカなど赤い食材には強力なアンチエイジング作用のあるリコピンが豊富に含まれ、美しさと健康を維持するのに役立ってくれると言います。とくにトマトはサラダ、スープ、パスタと活躍レパートリーもたくさん。日ごろから赤い食材はよく食べるよう、ぜひ意識してみましょう。

参考記事(海外サイト):26 Ways to Feel Younger Now

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。