この冬、絶対に“毛玉女子”にならない3つの約束

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2014.11.24.Mon

冬が始まりましたね。冬のファッションといえばコートにブーツ、そしてニット。キュートにもセクシーにもスタイリングができ、何より暖かいニットは誰もが一着は持っているもの。で・す・が! 可愛いニットを買ったのに、いつの間にかできている毛玉で台無しにしてはいませんか? 袖口が毛玉だらけだったりすると、それだけでもう興ざめ。
筆者は毛玉が大嫌いで、ニットはプチプラのものを1シーズンで着倒していました。それでもお気に入りのものは長く着たいし、本当はリッチなニットだって欲しい……。今回はそんな筆者のためにも、うんうんと頷いてくださる淑女の皆様のためにも、“毛玉女子”にならないための約束3つを学びたいと思います。

その1~毛玉を寄せ付けない~

毛玉を付きにくくするためには、ドライクリーニングに出すことが一番確実です。しかし筆者が持っているようなプチプラなニットは、できれば自分で洗いたいもの。家庭でお洗濯をする際には、ニットを裏返しにしてネットに入れて洗いましょう。洗剤をアクロンやエマールなどのオシャレ着用洗剤にすると、仕上がりと持ちに違いが出ます。

その2~毛玉を取り除く~

毛玉取りブラシ! と言いたいところですが、筆者のワードローブに合うブラシは今のところ見つかっておりません……。そこで用意するものは食器洗い用のスポンジ、それも100円ショップのもので充分です。毛玉の取り方もいたって簡単。ガサガサした面で、毛玉の気になる部分を擦るだけなんです。このときにあまり力を入れず、軽く撫でるようにすることがポイントです。筆者も早速去年のニットに試してみたところ、おもしろいように毛玉が取れました! 快感! ハサミで切るよりも断然楽で、手で処理するよりも洋服が痛みません。
他にもT字カミソリやラップのカッター部分、紙ヤスリなどなど、意外と身近なものが役立つようです。いずれの方法も服との相性がありますので、端で試してから毛玉を取り除いてくださいね。

その3~毛玉にならない~

ん? 毛玉にならない? ……そうなんです、毛玉はニットだけではないんです。本当の意味での“毛玉女子”とは、誰かにくっついていないと不安だったり、頑張っているのだけどどこか安っぽかったりする女子のことを指します。つまり、内面であれ外見であれ、手入れのされていない毛玉のような女の子!
筆者自身耳が痛いのですが、女性としてみすぼらしかったり型崩れが起きてしまうのは避けたいものです。仕事に前向きに取り組んだり、趣味や特技を見つけたり、ちょっとだけ丁寧にスキンケアをしてみたり、ちょっとだけ背筋を伸ばしてみたり……。ニットと同じように、ほんの少しの心がけで毛玉は消え行くもの。

さあ淑女の皆様、この冬こそは毛玉に別れを告げましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

香 みちる (カオリ ミチル)

都内在住のジュエリーデザイナー。
好きな宝石はダイヤモンド。好きな香りはムスク。
趣味は乗馬、バイオリン、旅行、そしてSM。