30代女性に増えている頭痛。自宅でできる治療法とは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.10.31.Fri

30代女性に増えているトラブル、頭痛。片頭痛や緊張型頭痛など、頭痛は経験した人しか分からない痛みや辛さがあります。主に頭痛の痛みは血流が悪化することで起こり、緊張や不安が続くと副交感神経が過敏に働いて血管を収縮させ血流が悪化します。そんな頭痛が起こった時に自宅で行えるセルフケア法をお伝えしていきます。

頭痛の症状別・おすすめセルフケア

頭が重たい・むくんだような感覚・肩こりも

・頭皮マッサージ
頭には数多くのツボがあるためヘッドマッサージは効果的。両手の指を広げて頭皮全体をもみほぐし、髪の生え際から頭の頂点にあるツボ「百会」めがけて押し上げましょう。パンパンに張っている頭皮をほぐす効果の他、リフトアップ効果も同時に得られます。ヘッドマッサージと一緒に頭皮専用の美容液やヘッドマッサージ用のプレートを使うのもおすすめです。

・温めてほぐしてリラックス
頭痛を起こす人は上半身が冷えて固まっていることが多いです。血行を促せばカチカチに固まった内側の筋肉からほぐすことができるため、肩までじっくり浸かって入浴をしたり、肩周りを冷やさぬよう部屋の中でも温熱シートや肩掛けなどで温めてからほぐすマッサージを取り入れましょう。
おすすめのストレッチはこぶしを使って首から肩にかけてさするように2~3分マッサージをしたり、肩をゆっくり肩甲骨を動かす意識で20回程度(逆も忘れずに)回します。

目の奥や首まで痛む

・太陽のツボ押し
太陽のツボは眉尻と目じりの中間点から指2本分外側にあるくぼみ。指2本を当ててクルクルと優しく回します。痛みの軽減だけでなくメンタルにもいい作用があるため、頭痛の痛みの他に心のケアまで可能です。

痛み・辛さが続くときは食事でケア

・ハーブティ、マグネシウム、ビタミンB群がポイント
痛みのある時は抗酸化作用に優れたノンカフェインのハーブティのほか、マグネシウムとビタミンB群は頭痛予防効果が期待できます。マグネシウムは米・味噌・ひじき・黒豆・アーモンドに……。ビタミンB群は葉野菜・大豆に多く含まれています。

・頭痛にNGの食事に気を付ける
逆に頭痛にNGな食べ物も知っておくことが大切。辛いもの・甘いもの・アルコールが痛みに関係します。痛いときやPMSが辛いときも、香辛料やカフェインなどの刺激物は我慢! チョコレートなどのカカオも血管収縮作用があるため痛いときは控えた方が無難です。

頭痛のケアは温めて血流を良くし、ツボ押しやマッサージ、ストレッチなどでほぐすことが大切です。頭痛は私生活にも影響するほど。だからこそ、自分の頭痛と向き合ってセルフケアを取り入れることが快適な生活を送れるポイントとなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/