1日でデトックスしたい人のための簡単デトックスメニュー

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2014.10.18.Sat

体内に溜まった老廃物や毒素は、さまざまな症状を引き起こす原因。アレルギー、便秘、体重増加、お腹周りの脂肪、不眠、関節痛、疲労感、やる気が出ない……。これらの症状に悩んでいたら、デトックスが必要なときかもしれません。今日は1日でできる簡単デトックスのレシピをご紹介します。

朝は1杯のレモン水から!

起床時にまずレモン水を飲みます。レモン水は、コップ1杯の温めのお湯に2分の1にカットしたレモンを絞るだけ(レモンは新鮮なものをチョイス! 市販のレモン果汁はオススメできません)。レモン汁には身体に不要な物質や毒素を体外へ排出する効果があります。肝臓内の胆汁の生成を促し、生成された胆汁酸は消化酵素の働きを助け、胸焼けやげっぷなど消化不良のリスクを軽減し、消化を促進する効果があります。また、起床時に水分補給することで、すっきりと目覚める効果が得られます。

10分間の瞑想を!

忙しい朝に瞑想する時間をとるのは大変。だから、デトックスデーは10分早く目覚ましをセット! 朝食の前に10分間瞑想しましょう。瞑想といっても、目を瞑りながら、深く呼吸をして頭の中を空っぽにするだけ。時間に追われる多忙な朝こそ、気持ちを落ち着かせることが大切です。

朝食はもちろんグリーンスムージ!

デットクスデーの朝食は、もちろん抗酸化物質いっぱいのグリーンスムージ! グリーンスムージには、ビタミン&ミネラルたっぷりのケールやホウレン草、血液をサラサラにしてくれるアボカド、エネルギーたっぷりで腹持ちのよいバナナがオススメ。その他にも好きな野菜&フルーツをミックスして、好みのアレンジを楽しんで! ヨーグルトや牛乳は消化を妨げるので、水もしくはココナッツ水をブレンドします。

お腹が減ったら緑茶!

小腹が空いたら、緑茶を飲みましょう。緑茶は空腹感を抑えるだけでなく、緑茶に含まれるカテキンには脂肪分や糖質の吸収を抑制する効果があります。また、緑茶に含まれるエピガロカテキンという物質にはパワフルなデットクス効果が期待できます。

ランチはサラダ&スープ!

デトックスデーのランチは、サラダ&スープ。オススメメニューはケール入りのサラダと、キャロットジンジャースープ。サラダにはできるだけ多種の野菜を取り入れて。まだアボカドやナッツ類などの脂質をとりいれるのも忘れずに! 市販のドレッシングを使うと糖分、塩分、脂質を摂り過ぎてしまう傾向にあるので、ドレッシングはホームメイドが◎。オリーブオイル&レモンをつかったシンプルドレッシングがオススメです。

夕食にはキャベツをたっぷり!

夕食にはササミ&キャベツをチョイス! キャベツの約92%は水分です。水分は体の老廃物を運ぶ役目をするため、デトックスには欠かせない食材です。

ハイビスカスティーでリラックス!

就寝前に飲みたいのがハイビスカスティー。豊富な抗酸化物質を含み、消化作用と、血圧値とコレステロール値を下げる作用があります。良質な睡眠をとるため、ハイビスカスティーはカフェインが入ってないものをチョイスしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr