脳に蜘蛛の巣、張ってない? 30代後半から始めたい脳のアンチエイジング!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.10.09.Thu

最近、物忘れが多くなったと感じたり物事を「あれ・それ」で通していませんか? あれってどこにある? など頭では分かっているのに言葉に出てこない……。ついこの間の出来事を鮮明に思い出せないなど、若い世代でも脳の衰えが目立ちます。しかし若いうちに脳のアンチエイジングに目覚め、脳をトレーニングすることでいくらでも若返りは可能なのです。本日は脳の老化について知り、脳のアンチエイジングに対し意識を高めましょう。

脳の老化度をチェックしよう!

・おとといの夕飯、昨日の夕飯に何を食べたか全部思い出せない
・最近、どこに物を置いたか分からなくなる
・物の名前が出てこず「あれ」「それ」と言ってしまう
・もの忘れが多くなった
・仕事で簡単なミスが目立つようになった

一つでも当てはまっていたら、脳を使っていない証拠!

衰えの初期はすぐそこに訪れているかも?

便利になった現代で過ごしてきた最近の若者は、頭を使うことが昔よりも少なくなったと言われています。計算もソロバンではなく計算機があり、分からない単語は辞書で引かず手軽にスマホで調べられるようになりました。このような便利さが脳の衰えを加速させてしまうのだとか。脳はどんどん使っていかないと刺激がなくなり衰えるばかり。30代後半からのもの忘れの目立ちや脳卒中やボケなど一見、高齢にかかる病気と思いきや最近では40代後半から見られるなど脳の老化は年々深刻化されてきています。

脳を若返らせる食材を摂ろう!

もの忘れを防ぐ……大豆・大豆製品

納豆・豆腐・おからは積極的に摂りましょう。女性の肌にも◎。

脳卒中・ボケを防ぐ……青魚

イワシ・アジ・サンマが脳卒中を予防。魚の調理が面倒な方は青魚の缶詰めでも◎。

脳の血管を守る……根菜・イモ類

大根・ゴボウ・じゃがいも・さつまいも・は血管を柔軟に保ちます。

脳の老化を止める……緑黄色野菜

ほうれん草・ニンジン・トウモロコシは老化の原因の活性酸素を消します。

脳の老化が早まる生活習慣とは?

日頃の生活習慣でも脳の老化を促進させる原因がたくさん潜んでいます。

・不規則な生活(食事や睡眠など)
・農薬、食品添加物、化学物質の摂取
・排気ガス
・紫外線
・激しい運動(特に若いうちから激しい運動を続けている方は注意)
・ストレス
・睡眠の取りすぎや頭を使わない生活(テレビを見続る等)

これらに意識を向け、気を付けることが脳のアンチエイジングに繋がります。
また脳の老化予防として毎日日記を書いてその日1日の出来事を思い出したり、分からない言葉はスマホではなくあえて辞書で調べる、早口言葉を毎朝声に出して言うなど頭を使う運動を積極的に取り入れていきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/