キチンと食べてスッキリ痩せる! 朝食ダイエットにオススメの6つの食材

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2014.08.12.Tue

朝食は一日の元気の源となるだけでなく、ダイエット効果もあるってご存知でしたか? きちんと朝食を摂ることで一日を通しての空腹感を抑え、肥満のもととなる間食を防ぐ効果があります。また、太りにくい体質をつくるには、朝食をきちんと食べる食生活がとても重要です。今日は朝食ダイエットにオススメの食品を6つご紹介します。

玄米フレーク

玄米フレークの一食分はたったの約30カロリー。食物繊維を豊富に含んでいるので満腹感も得られ、ダイエットにぴったりの朝食です。また、グラノーラやミューズリーに比べて嵩張るフレークは、ボール一杯の量も多くなり過ぎず食べすぎを防いでくれます。牛乳や豆乳を自然に取り入れることができるので、ビタミン&ミネラルも美味しく補給できる優れた朝ご飯です。

レンズ豆のサラダ

タンパク質たっぷりのレンズ豆を摂取することにより、一日を通して空腹感を抑制する効果があります。朝食にタンパク質をしっかり摂らないでいると、体内に脂肪を溜め込みやすい体質になってしまうので要注意です。

目玉焼き

朝食に定番の目玉焼き。実はタマゴもダイエットにオススメの朝食メニュー。朝食時にタマゴを食べることで、食欲増進ホルモンのグレリンの分泌も抑え、腹持ちをよくする効果があります。

オートブラン

オートブランとはオーツ麦のヌカのことで、食物繊維やビタミン、ミネラルなどを豊富に含み、栄養価値の高いことで知られています。オートブランに含まれる食物繊維は、腹持ちをよくしてくれるのでランチまでの間食を避けるのに効果的。シナモンやハチミツなどを加えて自分に合わせたアレンジで美味しさも一層アップしちゃいます。

味噌汁

野菜たっぷりの味噌汁には、ミネラルやビタミン、食物繊維など豊富な栄養素がいっぱい。腸の働きが活発な朝に味噌汁を飲むことで、栄養の消化、吸収度もアップ! 腸を刺激して、便秘を改善する効果もあります。さらに、味噌に含まれるペプチドには、交感神経の働きを高めて、基礎代謝を促進する効果もあります。

スムージー

ダイエット以外にも美容効果のある朝食として注目されているのがスムージー。好きなフルーツや野菜を入れて、ミキサーで混ぜ合わせるだけの簡単朝食は、朝食を摂る習慣のない人でも抵抗なく摂ることができるのでオススメ。フルーツによってはかなりの量の果糖が含まれているので、フルーツいっぱいのスムージーはダイエットには不向き。スムージーの材料選びには野菜をうまく取り入れてバランスを上手にとるのがポイントです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr