疲れたな、と感じたら!体にエネルギーを注入してくれる食品 トップ6

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
有希

Written by:

2014.08.21.Thu

夏は、暑さや強い日差しのせいで疲れを感じやすい季節。体がだるい、何もやる気がしない… そんなときに食べたいのがエネルギーを注入してくれる食品。今日は夏を元気いっぱいに乗り切るために今すぐ食べたい6つの食品をご紹介します。

オートミール

栄養価の高い食品として知られるオートミールはアスリート食としても人気。鉄分やカルシウムなどミネラルの他に食物繊維も豊富に含まれているので、お手軽にエネルギーチャージができます。オートミールは消化&吸収しやすいので腸の動きが活発な朝に食べるのがオススメです。

ニンニク

スタミナ補給食材として世界で古くから重宝されているニンニク。ニンニクは男性ホルモンと呼ばれるテストステロンの分泌を促進するので、疲労回復だけでなく筋肉を増強する効果があります。また、ニンニクに含まれるアリシンという成分は強力な殺菌効果があることで知られ、免疫力アップにも効果的です。

フラックスシード

ゴマのような形をした茶色の粒フラックスシードは、「亜麻仁」とも呼ばれ、欧米では健康食品として大人気。フラックスシードにはオメガ3脂肪酸(αリノレン酸)やリボフラビン、ナイアシン、チアミン、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸など豊富な成分が多く含まれており、現代人に不足している栄養素を補ってくれます。

アサイーベリー

熱帯雨林のアマゾンを原産とするアサイーの果実の栄養価は、ブルーベリーの18倍ともいわれ、美容や健康にさまざまな効果をもたらしてくれます。女性に不足しがちな鉄分、カルシウムなどのミネラル、食物繊維、アミノ酸、良性脂肪、炭水化物を豊富に含むアサイーベリーは朝のエネルギー補給にピッタリ。栄養を吸収しやすい朝食時に、ヨーグルトやシリアル、スムージーなどと一緒に楽しむのがオススメです。

レモン

疲労が重なると、クエン酸回路の働きが鈍り、体内に乳酸が蓄積されてしまいます。乳酸はエネルギーとならずに体内に残ってしまうため過労の原因に。そんなときに取り入れたいのがレモン!レモンに含まれるクエン酸は、乳酸を燃焼させてエネルギーにし、疲労を効果的に回復してくれます。クエン酸はレモン以外にも柑橘類に含まれているので、疲労時はレモンやグレープフルーツなどを絞ったクエン酸ジュースがオススメです。

サーモン

サーモンに含まれるアンセリンと呼ばれる成分は疲労を回復する効果があります。アンセリンは疲れの原因となる乳酸を分解し、疲労を芯から回復。またストレス解消や持久力アップなどの効果も知られています。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

有希

フリーライター。元外資系CA。5年間の中東生活を経て2010年パリへ移住。栄養士の資格を生かし、食に関する記事を執筆。
ブログ:http://whyuuki.blogspot.fr