ストレスフリーは美しい人が多い! ストレスを回避して自分を向上させよう。

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2014.08.18.Mon

いい女の条件として、「いつも機嫌がいい」「ストレスを溜めない女性」があがっているほど、ストレスにさらされていない女性は健康で肌も綺麗で行動までも美しく見えるものです。しかし、溜めないのが難しいのがストレス。今回はそんなストレスを日常でやってしまいがちなストレスの原因となる行動を参考に、考え方や習慣を変えてストレスフリーを目指していける近道をお伝えいたします。

ストレスになるこれをやめてストレスフリーに!

これらをやることでストレスになるならやめてみよう!

誰からも好かれようと思わない

もし、誰からも嫌われず好かれている人が存在するならば、その人は他人の期待を満たすためだけに生きているということ。それでは自分の人生を生きているとは言えませんよね。人から嫌われるということは自分が自分らしく生きていく上での代償。そして自分が自分らしく生きている証でもあります。本当に自分を分かってくれる家族や友人がいるだけで大きな財産なのです。

他人を怒らない

怒るという行為の裏側には、他人にこうしてほしいと操作したい目的があります。しかしどんなに怒っても相手が変わろうとしなければ、人は変わらないし、怒る自分自身も相手にとっての自分もただの嫌な人に。上下関係で怒らず対等な関係を意識すれば伝え方も変わってくるため、怒るのではなく自分が正しいと思うことを伝える! というように変わっていきます。

空気を読まない

言うべきことは言えずに、お世辞で毎日上司や先輩を褒めたり、SNSで「いいね!」をやたらと付けたり……。思いやりや気配りがあっていいことですが本当に好きでもない相手に気を使っていては疲れるばかり。見えないうちに溜まっていくそのストレスで何かにあたってしまっては意味がありません。一度、何も怖がらずに気を使うことを捨て、思うがままに行動してみましょう。

不規則な生活はストレスの宝庫

幸福感は規則正しい生活から生まれるといってもいいでしょう。安心感をもたらすセロトニンの分泌が活発になり、朝日を浴びることで良質な睡眠をつくるメラトニンが上昇します。新陳代謝も促されるため、若々しくいられたり肌がキレイになるなど嬉しい効果もあります。まずは朝起きたら「顔を洗う」ではなく、「カーテンを開き体全身で朝日を浴びる」ことから始めてみて!

物事に白黒をつけない

仕事の内容に白黒つけるのはいいことですが、それを仕事の仲間に対してやプライベートでするのはよくありません。パートナーや友人と言い合いになったときも決して自分の非を認めようとしないからです。揉め事になる時はたいてい自分にも何割かは問題があるはず! 白でもなく黒でもないグレーゾーンが存在することを認めることで、多様な価値観を受容できたり精神的にも疲れずに自分の見識も広まります。

朝の満員電車を避ける

満員電車=ストレスの溜まり場です。押し合ったり荷物がぶつかって自分がイラっときたりなど他人のストレスをもらったり、満員電車でストレスが生まれるのは避けたいですよね。
朝であれば数本早い電車で行くだけで空いています。会社に着いてからも時間に余裕も持てて、それは一日の行動や表情に表れます。朝の満員でいつもイラっとするならば少し早起きして少し早い電車で解消!

いかがでしたか? ストレスは顔や行動に表れます。余裕のある美しい女性こそがストレスフリーの証。皆さんも日頃の思考や行動を少しだけ変えるだけで、ストレスの感じ方が違っていき、余裕のある女性を目指すことができるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/