すっきりした生活を送るためには、掃除しやすい部屋がベスト

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.08.30.Sat

お掃除が苦手で、部屋がごちゃごちゃっ! なんて人はいませんか? お掃除が苦手な人ほど、部屋に物が多いのも特徴です。実際部屋をいつもきちんときれいにしている人は、整理整頓ができているだけでなく、余計なものがないため、いつもきれいな部屋を維持しています。いつでも自分の部屋にいたくなるような空間を作りたい人は、今から掃除をしやすい部屋に変えてみませんか?

部屋が汚くなる理由

部屋をきれいに見せようと、あれこれ買い足しては部屋の隅に追いやっていませんか? だんだんと増え続ける物があるなら、思い切って処分しましょう。余計なものが置いてあるだけで、ホコリもたまりやすく、余計に部屋が散らかって汚くなってしまいます。また、雑誌などを買い集めしている人も要注意です。雑誌はどんどん増え続けてしまうので、定期的に処分しないと、どんどん部屋を占領し始めて、見た目も狭い空間にしてしまいます。

きちんとした部屋の特徴

きれいな部屋を維持している人は、意外にも収納が少ないのがポイントです。あまり収納を多くするほどに、物が増えていくケースがほとんどです。物を増やさないためにも、余分な収納スペースは作らない事です。部屋の壁全部に何かしら物が置いてあるのも、物が多い証拠です。クローゼットがあるにもかかわらず、ちょっとした収納ケースを置いているだけで、部屋を狭くしてしまいますよね。きちんとした部屋は、どこかの壁にスペースがあり、すっきりとしています。

掃除しやすい部屋とは

すっきりとした部屋は掃除がしやすいため、掃除自体が面倒になることはありません。物が少ないだけで、余計な体力も使わず、ホコリまみれになることもないので、掃除が楽になります。お掃除が苦手な人ほど、部屋に物を置かずに、掃除がしやすい空間にしておけば、いつでもすっきりした生活を送れますよね。ちょっとしたインテリアは空間を自分らしいものにしてくれますが、あまりごちゃごちゃと物を置いて飾るのは、部屋を汚くするだけ。掃除のしやすいように、物をあまり溜め込まないようにしましょう。

床をすっきりとさせておく

掃除がしやすい部屋の特徴はもうひとつあります。床の部分を広く保つことで、掃除がしやすくなるんですよ。床に物を置かない習慣を身に着けておけば、物も増えずにすみます。床をモップや掃除機などでパパっと掃除しやすいようにすると、いつでもきれいな状態をキープできます。床に本や雑誌、リモコンやバッグなどを放置しないようにしておけば、部屋はいつでもスペースのあるすっきりとした空間を作れますよ。また、じゅうたんなども敷いておくと気持ち良いのですが、掃除が大変な場合は、洗濯しやすいラグなどに変えてしまいましょう。ポイントは、物を増やさない、床にスペースを作ってあげる事です。きれいな部屋を目指したい人は、ぜひ実践してみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。