夏の暑さを和らげる飲み物、飲み方に注意

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.08.15.Fri

まだまだ暑い日が続き、水分補給が欠かせません。外にいる時だけでなく、室内にいても気温が高い場合は熱中症にもなりますよね。もうすぐ秋と思っていても、9月、10月とまだまだ暑い日が続きます。これからも十分な水分補給は必要ですよ。

暑い時に飲みたくなるもの

暑くなった体を冷まし、のどを癒してくれるのは糖分の入った甘い飲み物です。そこに炭酸など入っていたら、よりのど越しもよく、たくさん飲めてしまいますよね。しかし糖分の取りすぎは、体を疲れさせてしまうので、あまりお勧めできません。特に暑い日には体力も奪われやすいため、すばやく糖分摂取できるような飲み物は、余計に体が疲れやすくなることに。また炭酸水ではなく、ジュースなど、糖分が合わさった場合はのど越しがよすぎてついつい飲みすぎてしまうので注意です。

冷たすぎると胃に負担が

そもそも夏場は胃腸が弱っているため、それを追い討ちするように冷たいものを流し込むと、余計に胃が弱ってしまいます。お腹が痛くなって下痢をしやすかったり、体が冷えやすくなったりします。飲むときは氷がいっぱい入ったお水よりも、常温のお水のほうが体内にも吸収しやすく、胃腸にも負担がかからないので、効率よく水分補給ができますよ。

一気に飲みすぎてもダメの

水分補給は大事ですが、一気に飲みすぎてもよくありません。前述したように、胃にも負担がかかりますが、一気に飲んだところで、体内にすべての水分が吸収されることはないので、のどの渇きを潤してくれず、また体も潤すことができません。水分は徐々に吸収されていくので、一気に飲んでも意味がありませんよ。

こまめに水分補給を

なるべく水分はこまめに取るのが、一番効率よく体内に吸収され、水分不足に悩まされる事もありません。汗や尿によって水分は常に流れ出てしまいますが、その汗や尿が体にこもった熱を排出してくれるため、体内に水分がないとどんどん体に熱がとどまり、熱中症になりやすくなります。そのため、常に水分は手元において、ちょくちょく摂取しておきましょう。のどが渇いたのを我慢するのもよくありませんし、実際のどの渇きを感じなくても、夏場の暑い時期などは、こまめに水分補給をしておきましょう。

暑さにいい飲み物

水分を補給する時に、暑さをやわらげたいなら、体の熱を冷ましてくれる飲み物がいいですよね。夏場の飲み物として最適なのは、麦茶です。麦茶は体の熱を外に排出させてくれるので、熱中症対策にもなります。さらに、麦に含まれているミネラルも同時に摂取できるので、夏場にぴったりな飲み物です。また緑茶も体を冷ましてくれるので、冷やした緑茶も効果があると思います。さらに、体の疲労回復にも良いレモン水もお勧めです。汗によってビタミンがどんどん排出されてしまうので、レモンのビタミンCが、体の疲労回復、さらに太陽の紫外線から体を守ってくれますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。