ラッキーが続く人になる! “セレンディピティ”を加速させるヒントたち

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2014.07.22.Tue

「セレンディピティ」という言葉をご存知でしょうか。平たくいうと、偶然のなかにもさまざまな幸運や幸せを見出し、引き寄せる能力と考えられます。私たちの身の回りにも、なぜかいつも“ラッキー”な人、努力している様子でもないのに次々とチャンスをつかむ人がいますが、そんな人たちは「セレンディピティ」が高いと言えるでしょう。つまり偶然のめぐりあわせでも、そこから幸運の種を見つけ出し、どんどん引き寄せることによって幸せオーラが尽きることなく、その人を包んでいるのです。そんな「セレンディピティ」ですが、気持ちの持ちかた変えてみるだけで、飛躍的に能力も上がり、もっと“ラッキー”が続く人になれるといいます。今回は「セレンディピティ」を加速させるコツについてまとめてみました。

自分の希望や理想はどんどん“ビジュアライズ”する

漠然と“こうなりたいな”理想や夢を抱いて、ただ“待ち”の姿勢でいてはなにも始まりません。“こうなったらいいのに”という希望や理想があったら、それをどんどん具体的に考えられるよう“ビジュアライズ”(可視化)してみることが大事です。そうやって脳のなかで“イメージ”がつくられると、宇宙からのメッセージにも敏感に反応しやすくなってきます。それがセレンディピティを高めるまず第一歩です。

他者と自分を比べない。大事なのは世間の基準ではなく、自分だけの直感だから

“有名大学/企業に入りたい”、“○○○さんみたいなセレブな生活がしたい”というような望みにセレンディピティはあまり反応しないでしょう。“有名”にしろ“○○みたいなセレブ”という価値基準はあなたではなく、世間の基準です。そうでなく、あなた自身の内側にある直感、“これがイイ”という感覚を大事にして。あのスティーブ・ジョブズだって、大学を卒業することより、自分の直感にひらめいたことを事業化することに専念し、大きな成功を収めました。彼が世間の価値観だけで動いていたら、けっしてあれだけの成功にはならなかったことでしょう。

アクティブに動き回っていることで、“啓示”も得やすくなる

セレンディピティとは、幸運がたまたま偶然に重なるということではありません。自分の追い求める“なにか”のために、必死で動き回り、失敗やミスもしながら行動し続ける中で、あるとき一つの幸運が次の幸運につながり、あとは連鎖反応のように幸運を引き寄せる、その能力のことです。とにかく行動しないことには、なにがしかのひらめきも啓示も受け取れません。そのためにはいろんな価値観の人たちと出会い、影響を受け、自分がどういう人間で、なにを求めているのか探し続けることです。もちろんいい体験ばかりではないし、何の意味も関連性も見いだせないと不満に思うこともあるでしょう。しかし、後から振り返ってみれば、一つ一つの出会いが点であり、点と点がつながり、いか線となって何がしかの意味を持っていることに気づくはずです。ですから、とにかく思ったことは行動に移すこと、そのなかでセレンディピティが表れてくることでしょう。

最後に、セレンディピティを高めるうえで最も重要なのは自分自身を信じることです。自分自身で“ここまでが限界”と思ってしまえばそれまでですが、“まだまだもっといけるはず”と思えば力も発揮できるはず。実際、何もかもうまくいかなくなった切羽詰まった状態になって、はじめてセレンディピティを発揮する人も少なくありません。だからこそ、自分を信じることを諦めてはいけません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。