いつもあまるアンチョビで。ぱぱっと作って彼と一緒に食べたいワインに合うおつまみ5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
上岡史奈

Written by:

2014.07.07.Mon

外でのデートも楽しいけれど、日差しがきつくて暑いこの時期はおうちでゆっくりデートもいいですよね。2人でゆっくりワインでも開けながらDVD鑑賞の際などにぱぱっと作って楽しめるおつまみを集めてみました。
ささっと美味しいおつまみを作れるあなたの株が上がることも間違いないでしょう。

スティック野菜のバーニャカウダ

DVDを観ながらつまみやすいのは、片手で食べられるおつまみ。
バーニャカウダも、手でつまみやすい人参、大根、きゅうり、セロリなど細長い野菜を縦にカットしてグラスなどに飾ります。
耐熱皿に、オリーブオイル、生クリーム、アンチョビ、すりおろしニンニクを適量混ぜて(味はお好みで配分を変えてください)ゆるくラップをしてレンジでチンすれば簡単なバーニャカウダソースのできあがり。火を使わなくてもできるので夏にもぴったりですね。

焼きナスのディップ

そんなに野菜は好きじゃないという男子も、ナスが嫌いな人はあまりいないもの。旬のナスを使って、おしゃれにディップを作りましょう。ナスを皮付きのままグリルで焼き、皮目が焼けたら包丁で小さくカットします。そこに、みじん切りのにんにくとアンチョビ、オリーブオイルを入れてよく混ぜます。
にんにくは茄子と一緒に焼いて、柔らかくなったものを潰して混ぜても美味しいですよ。ココット皿などにディップを入れて、薄切りのトーストやクラッカーにのせて頂きましょう。

アンチョビキャベツ

キャベツを一口大に千切り、フライパンでみじん切りのにんにくとともにオリーブオイルで炒めて、仕上げにアンチョビとコショウで味を整えれば美味しいアンチョビキャベツのできあがり。

アンチョビのピザ

ピザ生地か、トルティーヤ生地、またはパイ生地(全て薄手の物の方が合います)などにクリームチーズを薄く塗り、薄切りにした玉葱とアンチョビをのせて焼くだけ。あればオリーブを載せても美味しいですが、仕上げにエクストラバージンオリーブオイルを垂らして完成。あればディルを載せても合います。

アンチョビポテト

じゃがいもを一口大に茹でて、串が通るくらいになったらざるにあげてしっかり水切りをします。フライパンに多めにオリーブオイルを入れて、みじん切りにしたにんにくとアンチョビを入れて香りを移したあと(辛いものが好きな人はこの段階で唐辛子を入れても◎)、油で揚げるように茹でたじゃがいもを炒めます。
仕上げは、塩、胡椒で味を整えてみじん切りにしたパセリを加えたら完成です。カレーが好きな彼であればにんにくとアンチョビをいれる前に粒のクミンを炒めたり、仕上げにガラムマサラを隠し味にちょっと使うと味に深みが出て美味しくなりますよ。ポイントはたっぷりのパセリなので忘れずに!

きりっと冷やした白ワインや、ロゼワインと良く合います。
アンチョビは余ったらみじん切りにしてラップにくるんで冷凍庫に入れておけば、次回のお料理に使いやすくて便利ですよ。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

上岡史奈

探偵歴11年の元女探偵、探偵BAR店長を経て、
離婚、婚活、復縁などの相談を受ける恋愛プロデューサー。恋愛運が上がるネイルも研究中
趣味 パワースポット巡り
アメブロ http://ameblo.jp/erumoamere/
ツイッター@erumoamere

写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子