クルクル流す♪ の腸マッサージでデトックス

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.05.16.Fri

元気な腸は新陳代謝が良く、お肌もきれいになります。しかし、腸の動きが活発じゃないと、便秘にもなり太りやすくなりますよね。いくら食物繊維をとっても、運動しても、腸の元気につながらなければ意味がありません。

停滞していた腸の動きを元気にしてあげる

いきなり食生活を変えたり、運動しても、すぐに腸が元気になるわけではありません。さらに便秘の人も、便秘薬や便秘茶なんかを飲んでいても、腸自体を元気にしてあげないと、根本的な部分が解決できていません。長い間腸をほったらかしにしていた人は、長い目をみて腸を元気にしてあげましょう。また、運動や食事だけじゃなく、腸のマッサージを取り入れることで、腸の位置を正常に戻し、刺激することで、便通もよくしてあげると効果的です。

便秘が続くと腸が下がってきちゃう

3日以上も便通がなくなると、だんだんと体が重く感じますよね。腸が重くなり下がってきてしまうので、本当に体が重い状態です。腸が下がるともともとの形からうねるように腸が長くなり、便のとおり道が長くなったり、押し出しできないほど変形したりするなど、悪循環になります。そうなる前に、日ごろからの運動や食事は大切ですが、腸の状態がすでに悪循環になってしまったときには、マッサージで刺激する必要があります。

腸をマッサージすることで体もぽかぽか

運動をしなくても、腸をマッサージすることで、おなかが温まり、ぽかぽかしてきますよ。内臓が温まると体全体も温まってきます。なので、寒いときなどに、やさしく腸マッサージをしてあげるのも効果的です。さらに、新陳代謝が上がり、腸が柔らかくなるので、腸の動きが活発になります。日ごろからマッサージをすることで、常に腸の健康状態を良くしておけば、便秘もなくなり、お肌もキレイになれますよ。

腸は長い! いろいろな場所をクルクル流すマッサージ

実際どこをマッサージするかというと、腸はとっても長いので、いろいろな場所をやさしく刺激していきます。たんぱく質などを良く食べると、腸にガスがたまりやすく、お腹全体が張ったり、痛かったりします。腸の上のほうでその傾向があり、ずっとそこにたまっていると、腸が下がってくる原因にもなります。溜まったものをスムーズに誘導させるには、両手でおなか全体をおへそを中心に時計回りにクルクルと円をかいてあげます。何度かまわしてあげたら、みぞおちの辺りで止めて、両方の親指のはらで上からおへその下のほうまで指を滑らせ流します。そのまま親指を左右に滑らせそけい部のあたりまで流してあげます。こうすることで、腸が活発に動き出してくれますよ。
さらに便秘で何日も便が出ない人は、左の骨盤の内側部分を軽く押さえて、小さな円をクルクルとかいてあげます。なんどかマッサージしたらそのまま左そけい部にかけて流してあげます。ちょうどその部分は、硬くなった便が溜まりやすく、なかなか外に出られない状態です。刺激を与えることで、便をスムーズに外に出してあげましょう。
あまり強く押したりして、刺激が強すぎると、腸を傷つけてしまうので、気をつけてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。