パンや砂糖を控えるだけ!糖化現象を抑えて美肌を手に入れよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
トモミ

Written by:

2014.04.28.Mon

糖化の現象をご存知ですか? 体が糖化すると老けを進行させ、皮膚の色を褐色化させたり、内蔵機能も老化の一途をたどっていきます。糖化は食べ物による影響で発生し、糖化を防ぐことによって、美しさも保たれるので、自分の普段食べているものを一度見直してみてください。

糖化しやすい食べ物

糖質が含まれた食べ物は体が糖化しやすくなります。小麦粉や砂糖などが一番体に糖化現象を与えます。パン類や麺類をよく食べる人も注意が必要ですね。その他にも味付けの濃いものだったり、醤油、味噌など褐色した調味料をたっぷり使ったものをずっと食べ続けるのも、糖化の原因にもなります。また、飲み物がお砂糖たっぷりの清涼飲料水だったり、油を使ったスナック菓子も同じです。食べる時間帯も、夜中や就寝前はなるべく控える必要があるようです。

少し気をつければOKです!

100%糖質カット! はけして良いことではありません。もちろん体は糖分が必要ですし、生きていけません。しかし、食べすぎはよくありませんよね。常にパンや麺類を常食している人や、間食に甘いものばかり食べている人は、美容のためにも控えるようにしないと、どんどん皮膚も内臓も老いてきてしまいますよ。

工夫をして糖質摂取を

一度糖化してしまった組織はなかなか戻りにくいので、なるべく糖化させないようにしたいものですが、糖化をさせない、もしくは糖化するまえに抑える方法を取り入れれば安心です。パンや麺類、お米を食べるときは、なるべく一緒に緑の野菜を取り入れることです。緑の野菜に含まれるビタミンは、肌を褐色させる作用を抑えて、糖化の原因である色素沈着を抑えてくれます。

糖化の原因は食べ物だけではないかも?

糖分の取りすぎ、炭水化物の取りすぎが糖化の原因ではありますが、普通に食べているだけでも、運動不足による糖化現象が出てきます。普段からまったく動くことがなく、運動もしていないなら、食べたものが常にオーバーカロリーになり、摂取した糖分を消費できない体になってしまいます。また、糖分が体内にたまると、動いていないのに、疲れの原因にもなるので、多少の運動は必要ですね。

糖化を防げば、肌もきれいに、視界も明るくなります

パン類や麺類の食事は、炭水化物の多いバランスの悪い食事になりがちです。野菜を取り入れたり、食事を和食にするだけで、肌の調子も変わってきますよ。さらに甘いもなども控えるだけで、視界が明るくなります。糖化による現象の一つに、目の病気がありますが、甘いものを食べ続けている人は、目がかすみがちだったりします。一度甘いものを控えてみると、視界が開けていくのが良くわかると思います。

太るだけじゃない糖化現象に気をつけていこう

炭水化物は太る! と言われていますが、適度に摂取すれば、しっかりと日常のエネルギーとして消費することができます。しかし、パンや麺類、お菓子などが毎日の食生活に入っている人は、気をつけていきましょう。糖化現象が引き起こされていくと、太るばかりでなく、肌のしわ、くすみの原因になるので、見た目よりも年齢が上に見られてしまうこともあります。若々しくいるためにも、食生活はしっかりしていきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

トモミ

プロフィール:ちびっこヨガインストラクターとして毎日ヨガ漬けの日々を送る。
体を動かすのが大好きだけど、食べる事も大好き。
休みがあればカメラ片手に町に行ったり山に登ったり。